三十槌の氷柱2018の駐車場やバス情報!ライトアップ期間にアクセスも公開

レスポンシブ(文字広告)

玉県秩父市。

最近では「アニメの聖地」として注目を集めている街です。

これ以外でも「秩父夜祭」「三峰神社」など数多くの見処が点在する街でもあります。

この見処の中でも冬の季節に特に、人気なのが三十槌の氷柱。

三十槌の氷柱は「みそつちのつらら」と読み、秩父三大氷柱の1つに数えられます。

高さは10m。幅が50mもある巨大な天然の氷柱は見るものを圧倒し、感動の世界に導きます。

また、夜間にはライトアップされ、幻想的な世界を味わえます。

そこで、今回は三十槌の氷柱に関する情報をまとめていきます。

題して
『三十槌の氷柱2018の駐車場やバス情報!ライトアップ期間にアクセスも公開』

スポンサーリンク

三十槌の氷柱2018のライトアップ期間やアクセス

開催期間2018年1月6日(土)~ 2月18日(日)
開催場所:三十槌の氷柱・ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場

料金200円(中学生以上)

アクセス

電車・バスで
池袋駅⇒西武秩父駅(約1時間40分)
西武秩父駅⇒三十場バス停(約50分)

池袋駅⇒三峰口駅(約2時間30分)
三峰口駅⇒三十場バス停(約35分)

開催期間中における三十槌の氷柱の楽しみ方は2つ。

①ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場のウッドデッキから鑑賞。

②荒川の河原から鑑賞

三十槌の氷柱は自然にできる氷柱とその上流に人口の氷柱があります。

荒川の河原に下りれば、至近距離から氷柱の美しい姿を間近で感じ取る事ができます。

しかし、このウッドデッキは2つの氷柱が上からよく見渡せるようになっています。

河原に降りる道は急斜面で、冬は凍結の危険もあります。

足元に不安がある方は、ウッドデッキから鑑賞しても十分に氷柱を美しさを感じ取ることができますヨ♪

そして、気になるライトアップの期間や時間帯ですよね?!

期間と時間帯は以下の通りです。

ライトアップ開催期間:2018年1月13日(土)~ 2月12日(月)
ライトアップ時間帯:【平 日】17:00~19:00
          【土・休日】17:00~21:00

開催期間とにズレがあるのでライトアップを楽しみにされてる場合はご注意くださいネ。

スポンサーリンク



三十槌の氷柱2018の駐車場

三十槌の氷柱はテレビで報道された事もあって、かなりの人気スポット。

県内外から車で訪れる方がかなりいらっしゃるようです。

ここで気になるのが駐車場情報です。

三十槌の氷柱の駐車場はウッドルーフキャンプ場にあります。

駐車場の詳細は以下の通り。

営業時間:8:00 ~ 17:00
※ライトアップ時は平日19:00,土日祝日は21:00まで
料金:普通車/500円 バイク/200円
料金徴収場所:ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場
槌打キャンプ場  各氷柱降り口

お車をご利用の方は氷柱の鑑賞料金とは別に、駐車料金をお支払いください。

開催期間中は、かなり混雑するようで、駐車場に入るまで1時間かかった、との情報もあります。汗

特に、土日祝日の混雑ぶりがハンパないとか・・・

ですから、混雑を避けたいアナタは平日が狙い目です!

駐車場に関する詳細は下記連絡先までどうぞ
↓    ↓    ↓     ↓
【秩父環境協会大滝支部  0494-55-0707】

三十槌の氷柱2018のバス情報

三十槌の氷柱の見頃は1月中旬~2月中旬頃。

三十槌の氷柱へは[急行]西武秩父駅~三峰口駅~三峯神社線のバスが運行されています。

そこで、氷柱の見頃に合わせて、このバスが『三十槌の氷柱』の最寄りのバス停である 『三十場』停留所に臨時停車される事が決定!!

期間は2018年1月6日(土)~2月18日(日)
料金は西武秩父駅からなら600円。三峰口駅からなら400円です。

因みに、『三十場』停留所から三十槌の氷柱までは徒歩で約10~15分の距離です。

このバスの時刻表などの詳細はこちらでご確認ください。
↓   ↓   ↓    ↓
[急行]三峯神社線 運行時刻表(4ページ目です♪)

まとめ

今回は『三十槌の氷柱2018の駐車場やバス情報!ライトアップ期間にアクセスも公開』について書いてきました。

冬の秩父はかなり冷え込みます。

開催期間中は路面の凍結の可能性があります。

雪が積もる事は頻繁にはないようですが、お車をご利用の方は事故のなきよう安全運転でお願いします。

また、開催期間中は会場のウッドルーフではコーヒーや甘酒。さらには、焚火もあるようです。

冷えた身体を温めながら、まったり氷柱の美しさに酔いしれて下さい!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする