湯島天神梅まつり2018の見ごろや開花状況!ライトアップ時間は?

レスポンシブ(文字広告)

京都文京区湯島に鎮座する湯島天神。

「学問の神」とされる菅原道真公が祀られており、毎年、多くの受験生が合格祈願に訪れます。

湯島天神は「梅の名所」としても江戸時代から親しまれている神社でもあります。

道真公が大宰府に流され直前に梅について詠んだ歌も残っているとか。。。

そんな「梅の名所」である湯島天神では毎年2月~3月にかけて恒例の『梅まつり』が開催されます。

湯島天神の梅まつりは「文京花の5大まつり」の1つ。

白梅を中心に約300本の梅の木が花を咲き誇ります。

開催期間中の人出は約40万人!

そこで、今回はこの湯島天神の梅祭りについて見ごろやライトアップ情報をまとめていきます。

題して
『湯島天神梅まつり2018の見ごろや開花状況!ライトアップ時間は?』

スポンサーリンク

湯島天神梅まつり2018の日程やアクセス

開催期間2018年2月8日~3月8日
開催時間8:00~19:30
開催場所:湯島天神

アクセス
千代田線湯島駅 徒歩約5分
中央線御茶ノ水駅 徒歩約15分
JR御徒町駅 徒歩約10分

湯島天神には約300本の梅が植えられています。

白梅と中心に、早咲きから遅咲きまで幅広い品種が植えられいるので、長期に渡って、梅の花を堪能する事ができます。

湯島天神梅まつり2018の見ごろと開花状況

湯島天神は古くから「梅の名所」として知られる神社。

メディアでも頻繁に登場する事から、東京のみならず全国からファンが訪れます。

ここで、一番気になるのが梅の見頃や開花状況ではないでしょうか?

開花の傾向を過去の状況から判断すると

早咲きを楽しむなら2月上旬。

中咲きも開花し多くの梅が花をつけるのが2月20日前後。

この時期が一番の見頃のようです。

そして、遅咲きを楽しむなら3月上旬。

勿論、天候に左右されるとは思いますが、大体の目安にはなると思います。

また、開花状況は例年、湯島天神の公式サイトなど随時公開されているようです。

気になる方はそちらをチェックしてみてくださいネ
↓   ↓   ↓  ↓
湯島天神公式サイト

スポンサーリンク



湯島天神梅まつり2018のライトアップ時間

梅まつりの開催期間中、梅の木もライトアップも実施されます。

気になるライトアップの時間帯は
17:00~19:00

日中に鑑賞する梅の花も良いですが、ライトアップされた様も趣があり、また違った風景が楽しめるのではないでしょうか?

また、例年、期間中の土日には、天神太鼓・日本舞踊。

さらには、三味線や落語など様々な催し物が開催されます。

残念ながら、現在、スケジュールの詳細は公開されていません。

詳細が知りたい方は湯島天神公式サイトを細目にチェックされると良いと思いますヨ。

湯島天神公式サイト

まとめ

今回は『湯島天神梅まつり2018の見ごろや開花状況!ライトアップ時間は?』について書いてきました。

湯島の周辺には根津や後楽園など人気の観光スポットが多くあります。

梅の花を楽しんだついでに、周辺のスポットに足を運び、充実した1日を過ごしてみては、いかがでしょうか?

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする