青谷梅林2018の開花状況やアクセス!駐車場やバス情報も公開

レスポンシブ(文字広告)

谷梅林は知る人ぞ知る梅林スポット。

1万本の梅が咲き誇る京都府最大の梅林。

梅の見頃には梅まつりが開催され、多くの観光客が訪れる人気スポットです。

また、この一帯には古く鎌倉時代には梅林があった事が知られており、後醍醐天皇の皇子・宗良親王の歌にも出てくるほど。

そこで、今回はこの歴史ある人気の梅林・青谷梅林の情報についてまとめていきます。

題して
『青谷梅林2018の開花状況やアクセス!駐車場やバス情報も公開』

スポンサーリンク

青谷梅林2018の基本情報

開催期間2月下旬~3月中旬(梅まつり開催期間のみ)
開催時間10:00~15:00
料金無料
場所:青谷梅林

アクセス

お車をご利用なら
京滋バイパス巨椋IC⇒国道24号経由 約20分

電車をご利用なら
奈良線山城青谷駅 徒歩約20分

徒歩約20分はちょっと遠いですが、梅の見頃に行くとそんな事がどうでもよくなるくらい。

綺麗な梅の花とほのかな梅の香りに癒されます。

また、青谷梅林の梅の花が見頃に合わせて毎年、梅まつりが開催されます。

残念ながら、現在のところ、日程の詳細は公開されていません。

因みに、2017年の開催日程は2月25日(土)~3月20日(祝)でした。

天候や気温にもよると思いますが、2018年も同じ時期の開催が予測できます。

梅まつりの開催時期など詳細は下記の連絡先までどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
【城陽市商工観光課 0774-56-4019】

青谷梅林2018の開花状況や見頃

青谷梅林の梅の見頃は例年ですと、2月下旬~3月下旬

梅まつりも同時期に合わせて開催されます。

梅まつりは1980年代から開催されており、結構は歴史がある祭りのようです。

また、青谷梅林の梅の開花状況に関しては城陽市観光協会に直接問い合わせるか、下記公式サイトからご確認ください。

どうせ鑑賞するなら、最高の見頃に鑑賞したいでしょうからネ。
↓  ↓  ↓  ↓
城陽市観光協会公式サイト

【城陽市観光協会 0774-56-4029】【城陽市商工観光課 0774-56-4019】

青谷梅林2018の駐車場やバス情報

青谷梅林には駐車場が常設されています。

収容台数は140台。

しかし、周辺の道路が狭い事や、人気の梅林である為、梅の見頃時期になると駐車場が満車になります。

そこで、青谷梅林周辺の使えそうな駐車場を何件かピックアップしていました。

参考にしてみてください。

<奈良方面からなら>

イヌイガレージ

収容台数:2台
利用料金:1日/540円 (15分/30円)
利用時間:24時間
※予約制駐車場

予約はこちらから
↓  ↓  ↓  ↓
akippa イヌイガレージ
https://www.akippa.com/parking/43ba8d041f67086bc1edfaf4fec3a096?utm_source=navitime&utm_medium=referral&utm_campaign=navitime

<京都方面からなら>

スペースECO 長池駅前

収容台数:20台
利用料金:1日/400円(入庫より24時間まで)
利用時間:24時間

タイムズ城陽駅前

収容台数:9台
利用料金:30分/100円
利用時間:24時間

くるっとパークJR城陽駅前

収容台数:13台
利用料金: 8:00-20:00 60分/200円
20:00-8:00 60分/100円
利用時間:24時間

キョウテク JR城陽駅前パーキング

収容台数:14台
利用料金:30分/100円
利用時間:24時間

スポンサーリンク



また、青谷梅林は最寄り駅から距離がある為、梅林までのバスはないのか?と思いました。

しかし、調べた結果、最寄り駅周辺は通過するものの、梅林に向かうバスは残念ながら、見つける事ができませんでした。

どうやら青谷梅林に向かうには車か駅から徒歩で行くしかないようです。

でも、徒歩で20分くらいなら散歩がてらに歩いてみるのも良いかもしれませんネ。

まとめ

今回は『青谷梅林2018の開花状況やアクセス!駐車場やバス情報も公開』について書いてきました。

鎌倉時代から日本人に親しまれてきたであろう青谷の梅林。

青谷梅林は梅酒が美味しい事でも有名だそうです。

梅の花と匂いを味わった後は梅酒で喉を潤わせてみてはいかがでしょうか?

梅三昧の1日を過ごしてくださいネ

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする