北野天満宮梅花祭2018の見どころや野点!駐車場や混雑情報も公開

レスポンシブ(文字広告)

本全国の天満宮の総本社として名高い京都・北野天満宮。

北野天満宮は「北野の天神さん」として京都の人たちに親しまれています。

また、学問の神様として毎年多くの受験生が合格祈願に参拝する神社でもあります。

この北野天満宮では毎年、菅原道真公の祥月命日に『梅花祭』が開催され、多くの人々が訪れる人気の行事となっています。

そこで今回はこの『北野天満宮梅花祭』に関する情報をまとめていきます。

題して
『北野天満宮梅花祭2018の見どころや野点!駐車場や混雑情報も公開』

スポンサーリンク

北野天満宮梅花祭2018の基本情報

開催日程2018年2月25日(日)
開催時間10:00~
開催場所:北野天満宮
アクセス
電車をご利用なら
京福電鉄北野線 北野白梅町駅 徒歩約5分

バスをご利用なら
「北野天満宮」バス停下車 徒歩5分約

北野天満宮梅花祭2018見どころや野点

北野天満宮梅花際の見どころは何と言っても1500本もの梅の花!

その品種は約50種のあり、それぞれ咲く速さが異なります。

よって、2月から3月末まで長期間、梅の花を楽しむ事ができます。

梅の見頃になると、2万坪もある広大な境内の至る所で紅白の梅が咲き誇る様は圧巻です!

北野天満宮の梅苑の種類は以下の通り。

「寒紅梅」:早咲きの代表格
「雲龍梅」:本殿裏に咲く八重の梅
「思いのまま」:1本の枝に紅白の花を咲かせます
「月の桂」:青緑色の花を咲かせます
「黒梅」:非常に珍しい品種
「紅和魂梅」:道真公の「飛梅伝説」が伝わるご神木に咲きます

また、北野天満宮では梅花際開催当日に『梅花祭野点大茶湯』も同時開催されます。

三光門前広場で行われるこの野点は豊臣秀吉公が行った北の大茶湯に因んだもの。

当日は、花街や上七軒の舞妓さんからお茶や茶菓子が振舞われます。

普段、なかなか接する事ができない舞妓さんと接する事ができる貴重な機会ですね。

この北野天満宮梅花祭野点大茶湯の開催時間は10:00~15:00が予定されています。

詳細が知りたいアナタは下記連絡先までお問い合わせください。
↓  ↓  ↓  ↓
【北野天満宮 075-461-0005】

スポンサーリンク



北野天満宮梅花祭2018の駐車場や混雑情報

北野天満宮には参拝専用の駐車場が常備されています。
しかし、この駐車場は毎月25日は利用できないようです。

梅花祭は2月25日に開催されるので、これらの駐車場は使えない、という事になります。

そこで、お車で参加予定のアナタの為に、北野天満宮周辺の駐車場を調べてみました。

タイムズ北野天満宮前第2

収容台数:5台
利用料金:60分/200円
営業時間:24時間

タイムズ上七軒第2

収容台数:14台
利用料金: 8:00~20:00 30分/200円
     20:00~08:00 60分/100円
営業時間:24時間

タイムズ上七軒

収容台数:9台
利用料金: 8:00~22:00 40分/200円
     22:00~08:00 60分/100円
営業時間:24時間

キョウテク 北野天満宮東パーキング

収容台数:5台
利用料金: 8:00~20:00 30分/200円
     20:00~08:00 60分/100円
営業時間:24時間

また、北野天満宮の梅花祭は人気のイベントなので、25日付近はかなり混雑するようです。

初詣や受験生の御礼参りで賑わいますが、年間で一番混雑するのが、梅花祭当日のようです。

また、情報によると
『昼間は相当混雑するので、狙い目は午前中』
との事です(地元住民の方情報)

まとめ

今回は『北野天満宮梅花祭2018の見どころや野点!駐車場や混雑情報も公開』について書いてきました。

北野天満宮では毎月25日に縁日が開かれ、境内には多くの屋台が立ち並びます。

また、宝物殿も特別公開されています。

梅の花と同時に、これらの貴重な文化財も鑑賞してみてはいかがでしょうか ?

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする