佐布里池梅まつり2018!開花状況に見頃は?駐車場や混雑情報も公開

レスポンシブ(文字広告)

知県下一の梅林として知られる佐布里池梅林。

佐布里池周辺に植えられた全25種類5,400本の梅の木が花を咲かせる時期には周辺が梅の香りに包まれます。

佐布里池梅林の梅が見頃になると毎年開催されるのが『佐布里池梅まつり』

この梅まつりは人気のイベント。

開催期間中には例年約15万人の人々が梅を一目見ようと来園します。

そこで今回はこの『佐布里池梅まつり』に関する情報をまとめていきます。

題して
『佐布里池梅まつり2018!開花状況に見頃は?駐車場や混雑情報も公開』

スポンサーリンク

佐布里池梅まつり2018の基本情報

#佐布里池梅まつり

gintaraさん(@gin_tara)がシェアした投稿 –

開催日程2018年2月10日(土)~3月11日(日)
料金無料
開催場所:佐布里池梅林

アクセス
公共交通機関をご利用なら
名鉄常滑線寺本駅下車
⇒佐布里パークロードで徒歩約1時間

名鉄常滑線朝倉駅下車
⇒知多バス【佐布里行き】「梅の館口」下車(約10分)⇒徒歩5分

⇒コミュニティ交通おいおいバス「梅の館」下車 すぐ

お車をご利用なら
知多半島道路阿久比IC⇒県道46号経由 約15分

※梅の開花がピークになる時期には土日限定ながら、シャトルバスが運行されるようです。

詳細は下記連絡先にお問い合わせください。
↓  ↓  ↓  ↓
【知多市観光協会 0562-51-5637】

佐布里池梅まつり2018の開花状況・見頃

佐布里池の梅の見頃は、例年2月下旬~3月中旬。

毎年、この時期になると
紅色の「佐布里梅」
白色で一重の「白加賀梅」
小枝が緑で花は青みがかった白色の「青軸」など

複数品種の梅を楽しむ事ができます。

因みに、昨年の開花状況や見頃はどうだったのか?

調べてみました。

どうやら昨年の見頃や3月10日頃だったようですネ♪

また、佐布里池梅まつり2018の開花状況に関しては知多市の公式サイトにて随時更新されるようです。

最適な見頃が知りたいアナタは、下記サイトをCHECK!
↓  ↓  ↓  ↓
知多市公式サイト・佐布里池梅まつり開花状況

スポンサーリンク



佐布里池梅まつり2018の駐車場

佐布里池梅まつりが開催される佐布里池梅林には駐車場が設置されています。

収容台数は約540台。料金は無料です。

また、梅の見頃がピークになる時期に土日限定で臨時駐車場も用意されるとの事。

しかし、愛知でも有名な梅林ですから、祭り開催中はかなりの人出が予想できます。

駐車場が満車になる可能性があると思いますので、周辺で民間の駐車場がないかどうか?調べてみました。

朝倉駅前駐車場

収容台数:62台
利用料金:入庫から30分まで無料。
以降60分まで100円。以降1時間/100円
営業時間:24時間

リパーク名鉄朝倉駅前
https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=60007-REP0013231

収容台数:28台
利用料金:00:00~08:00 60分/100円
8:00~20:00 60分/200円
20:00~00:00 60分/100円
営業時間:24時間

リパーク名鉄朝倉駅前第2
https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=60007-REP0016212

収容台数:13台
利用料金:00:00~08:00 60分/100円
8:00~20:00 60分/200円
20:00~00:00 60分/100円
営業時間:24時間

名鉄協商寺本駅前
https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=60013-003100

収容台数:6台
利用料金:60分/100円
営業時間:24時間

佐布里池梅まつり2018の混雑情報

梅まつり開催中は17万人もの人出がありますから、当然混雑します。

特に、土日祝日は大道芸・ミニライブなどのイベントも行われます。

よって、例年週末はごった返すようです。

過去に参加した方からの情報によると、満開の見頃時期には駐車場の空車を探すのにイライラしたとか・・・汗

混雑を避けたいならば、やはり狙い目は平日。

特に、早朝からの来園か、午後15:00過ぎから来園すると比較的空いていてゆっくり梅を鑑賞できるようですヨ。

まとめ

今回は『佐布里池梅まつり2018!開花状況に見頃は?駐車場や混雑情報も公開』について書いてきました。

佐布里池梅林は名古屋から電車で30分程度の場所にあり、非常にアクセスが良い場所にあります。

まだ参加したことがないアナタは、2018年は是非来園してみてはいかがでしょうか?

梅の花と香りに癒されて、日頃の疲れからリフレッシュできるかもしれませんヨ!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る