年越しそばの由来を簡単にわかりやすい説明で解説してみた!

レスポンシブ(文字広告)

年越しそばは、日本人にとって新しい年を迎えるための大事な日本の習慣です。

縁起がいいからということはなんとなくわかりますが、皆さんはなぜ大晦日にそばを食べるのか、その理由を知っていますか?

今回は年越しそばの由来や食べる意味、タイミングなど、年越しそばについてわかりやすくご紹介します!

題して
『年越しそばの由来を簡単にわかりやすい説明で解説してみた!』

スポンサーリンク

年越しそばの由来とは?

年越しそばとは、大晦日に縁起を担いで食べるそばのことです。

この習慣は江戸時代に定着したと言われています。

そばは他の麺類よりも切れやすいことから、「今年1年の厄を断ち切る」という意味を込めて、大晦日に食べるようになったそうです。

また、江戸時代の商人の家では、月の最後の日にそばを食べる「三十日そば」という習慣があり、この習慣が今の年越しそばになったという説もあります。

年越しそばを食べる理由

それでは、なぜ大晦日に年越しそばを食べるのでしょうか?

それついてはさまざまな理由があるようですが、はっきりとわかっているわけではなく、あくまでも一説として言われているようです。

・長生きできるように、家運がのびるように(そばが細く長いことから)

 ・1年の苦労や厄災を切り捨てるため(そばは切れやすいため)

 ・元禄時代からそばは体に良いものとされているため、そばを食べることによって、
  体内をきれいにして健康でいられますようにという願いを込めて

 ・昔、金銀細工師は、飛び散った金銀の粉を集めるときにそば粉を使っていた。
  そこから、そばは「金を集める」とされ、金運が上がるようにという願いが込められてる

他にも、地域によってさまざまな説があるそうです。

どの理由も、新年に向けての願いが込められています。

年越しそばの由来を知ると、そばがよりおいしく感じられそうですね。

そば以外の麺類ではだめなの?

讃岐うどんで有名な香川県では、年越しにそばではなく、うどんを食べるそうです。

ここにはうどんは太くて長く、コシがあることから、長生きできるようにという意味が込められています。

そのため、年越しには絶対そばでなくてはいけない!ということはありません。

ただ、そばには先に述べたようなたくさんの由来があることから、年越しにそばを食べる人が多いようです。

年越しそばを食べるタイミングは?

新年への願いを込めて食べる年越しそばは、新しい年になる前の大晦日に食べるのがよいとされています。

それでは、大晦日であればいつでも食べてよいのでしょうか?

答えは「Yes」です。

年越しそばを食べるタイミングとしては、晩御飯や除夜の鐘を聞きながら、という人が多いと思います。

しかし、本来、年越しそばは新年に向けての願いを込めて食べられるものなので、大晦日であれば、朝でもお昼でも夜でもいつでもオッケーなんです。

という訳で、好きな時間においしいおそばを食べて新しい年を迎えてくださいネ!

まとめ

今回は『年越しそばの由来を簡単にわかりやすい説明で解説してみた!』について書いてきました。

毎年なにげなく食べていた年越しそばも、その由来や食べる理由を知ると、よりおいしく感慨深く味わえる気がします。

今年1年間の辛かったことや苦しかったことはきれいさっぱり断ち切って
新年も元気に過ごせるよう、みなさんも願いを込めて年越しそばを食べてみてくださいね!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
日本newsch記事下

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る