梶林洋介の顔画像とFacebookがこれ!経営ラーメン店の場所はどこ?

店内に大麻を所持していたとして人気ラーメン店「Antaga大正」の店長・梶林洋介被告(32)が逮捕された模様です。

店内に大麻を隠し持っているなんて料理人としてどうなんだ?と思ってしまいますが・・・

ここで気になるのが梶林被告自身の事や経営する人気ラーメン店の場所などについてです。

そこで今回は『梶林洋介の顔画像とFacebookがこれ!経営ラーメン店の場所はどこ?』と題してこの事件について記事を書いていきます。

スポンサーリンク

梶林洋介の顔画像

まず今回、大麻取締法違反で逮捕された梶林被告の顔画像はこちら

画像を見る限り、薬物をやりそうな感じには見えないですね。
経営しているラーメン店は人気のお店。

繁盛していたはずなんですが、利益が伸びずに悩んでいて大麻に手を出してしまったのでしょうか?

梶林被告は乾燥大麻約11g、末端価格で約5万円を財布や店内の段ボール箱に小分けにして隠し持っていた、との事です。

梶林被告のFacebook

次に気になる梶林被告がSNSのアカウントを所持しているか?ですが
梶林被告のFacebookのアカウントが特定できました。

梶林被告のFacebookはこちら

今年の9月12日で更新がストップしており、それ以降の投稿はありません。

以前は定期的に投稿されてきているだけに、何かあったのか?と思ってしまいました。

梶林被告のラーメン店の場所はどこ?

逮捕された梶林被告が店長を務める人気ラーメン店の名称は『Antaga大正』

そして、『Antaga大正』の場所はこちら
大阪府 大阪市大正区 三軒家東 1-2-4

大阪環状線大正駅を降りてスグの場所にあり立地条件は抜群のようですね。

因みに、調べてみたところ『Antaga大正』のTwitterのアカウントが特定できました。

それがこちら

まとめ

今回は『梶林洋介の顔画像とFacebookがこれ!経営ラーメン店の場所はどこ?』について書いてきました。

大麻の入手経路は今のところ分かっていないようですが、梶林被告は5年ほど前から大麻を使用していた模様です。

取り調べに対して、「家族がいるから自宅では吸えないため、店で保管していた」と供述しているそうです。

家族に言えない事を隠れて行っていた事に後ろめたさはなかったのでしょうか?

先ほどの書きましたが、ツイートの画像などを見る限り、とてもそんな事をやる人物には見えません。

今後、ご家族の為にもきちんと更生して欲しいものですね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る