寺脇研が擁護する前川喜平を絶賛!松尾貴史と民進党の関係

歌舞伎町にある出会い系バーに「貧困少女の調査」の為に通っていたと発言したことで、世間の注目の的となっている元文科省事務次官・前川喜平氏。

さらに、この前川氏は愛媛県・加計学園獣医学部創設に関する「総理のご意向」発言した事でも巷を賑わせています。

前川氏の歌舞伎町通いは警察当局の内定調査から明らかになり、これが原因となり、前川氏は実質クビになっている訳ですが。

この前川氏に対して・・・
文部省官僚で映画評論家の寺脇研氏は先日のテレビ番組で前川氏を擁護する発言をしていました。

ホントに「貧困少女」を助けたいなら、前川氏のご実家でアルバイトとして雇ってあげて、ちゃんと働くことを学ばせてあげたらよいのにと私なんかは思うんですが。

さらに、最近では、俳優の松尾貴史氏が「前川氏は人格者であり官僚の鑑」と発言。

なぜ寺脇研氏・松尾貴史氏はこんな発言をするのだろうか?と不思議に思った私は彼らの関係に関して調べてみました。

すると、意外な関係が判明。
今回はその結果を書いていきたいと思います。

題して
『寺脇研が擁護する前川喜平を絶賛!松尾貴史と民進党の関係』

スポンサーリンク

寺脇研と前川喜平。松尾貴史氏の関係

先ほどの書いた通り、寺脇氏は前川氏と同様、元文科省のお役人。
かばいたくなる気持ちも分からないでもありません。
(因みに寺脇氏は「ゆとり教育の産みの親」)

ここで、寺脇氏と松尾氏がなぜ同じような発言を展開するのか?が引っかかりました。

しかし、調べてみるとこの2人には共通点がありました。
それは京都造形芸術大学。

松尾貴史氏は
2008年、京都造形芸術大学の准教授に就任。
2010年には京都造形芸術大学の客員教授に就任。
2017年の同大学客員教授一覧には名前がなかった為、現在は在籍してない可能性が高いです。

しかし、2014年までの在籍の確認は取れました。

ご存知の通り、松尾氏は
株式会社古舘プロジェクトに所属。
そして、古館氏はテレ朝の「ニュースステーション」で長年キャスターを務めた人物。

一方、
寺脇氏は現在も同大学マンガ学科の教授として在籍しています。

画像元:京都造形大学HP

寺脇研氏と松尾貴史氏。そして民進党

2人には意外なところで共通点があった訳ですが、
この話には続きがあります。

それは同大学の客員教授兼理事に民進党・福山哲郎議員が就任しているという事。


画像元:福山哲郎HP

国会答弁で安倍政権に対して森友学園や加計学園に関して激しい追及を行っていた民進党。
福山議員はこの民進党で幹事長代理を務める人物。

これって単なる偶然なんでしょうか?
先の詩織さん事件同様「繋がり」すぎるような気がするのは私だけでしょうか?

さらに、松尾貴史氏は反安倍政権の記事を書く事で知られる新聞社二紙でも連載を持っておられます。

具体的には・・・
毎日新聞日曜版 連載「ちょっと違和感」
東京新聞web版 連載「東京深聞」

あまりにも「繋がり過ぎている」気がするのですが
私の考えすぎでしょうか。。。

まとめ

今回は『寺脇研が擁護する前川喜平を絶賛!松尾貴史と民進党の関係』について書いてきました。

今回の件を調べてみて、元衆院議員の杉田水脈氏が
「左寄りの人たちを追っていけば繋がっている」との発言をふと思い出しました。

偶然と言われればそれまでかもしれませんが・・・
真相はどうなんでしょうか??

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る