亀石倫子弁護士のプロフィール!夫との馴れ初めと過去の恋愛歴がヤバイ

レスポンシブ(文字広告)

『クラブ風営法違反事件』や『GPS違法捜査事件』などで弁護を担当し、その容貌から『美し過ぎる弁護士』として有名になった亀石倫子弁護士(42)

その画像を見る限り、とてもこの年齢には見えないですね。
亀石弁護士はテレ朝を中心にテレビ番組にも出演されるなど、最近、露出度がさらに高まっています。

そんな亀石弁護士は一体どのような人物なのでしょうか?
どうやらかなり特徴的な女性のようです。

そこで今回は
『亀石倫子弁護士のプロフィール!夫との馴れ初めと過去の恋愛歴がヤバイ』と題して情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

亀石倫子弁護士のプロフィール

氏名:亀石倫子(かめいしみちこ)
生年月日:1974年?月?日(42歳)
出身地:北海道小樽市
最終学歴:大阪市立大学法科大学院修了
所属法律事務所:エクラうめだ
所属弁護士会:大阪弁護士会
弁護士登録年:2009年

亀石弁護士は父親が営む食品会社の娘としてこの世に生を受けます。

小さい頃から1人ぼっちの事が多かった亀石弁護士。
なかなか集団になじむことができず、お母さんに心配されたとか・・・

今の弁護士という職業からは考えられませんね。

集団生活を押し付けられるのが苦手で疲れて一人になりたくなる、協調性のない少女だったようです。

高校卒業後地元を離れ上京。
1997年に東京女子大文理学部を卒業していますが、大学での成績はさっぱりだったとか。。。

新聞記者になる為、就職活動を行うものの、失敗。
札幌で情報通信会社に就職しています。
しかし、ここでも集団生活に馴染めず結局数年で退職・・・

しかし、この時に転機がありました。
それは現在の夫との出会い。

旦那さんと結婚した亀石弁護士は夫の職場のある大阪へ。
その後、弁護士の道を選ぶことに・・・

その後
2005年に大阪市立大法科大学院に入学
2009年に大阪弁護士会に登録。
そして、去年、大阪梅田に法律事務所『エクラうめだ』を自ら開業しています。

因みに、弁護士を選択した理由は
文科系で一番難しく、一生の仕事になる、と考えたから。
また、組織に属すことなく仕事ができる事も大きな要因になったとか。

サンステプロデューサーXは誰?浦本勲で確定?!亀石倫子はセクハラを否定

亀石倫子弁護士の夫との馴れ初め

亀石弁護士が夫と結婚したのは札幌の情報通信会社に在籍中の事。。

入社3年目の東京での研修で出会ったそうです。

そして、何と出会ってから2日目に自ら『告白』ww

男性なら間違いなくひきますね 汗

その時は、当然の「お断り」されたものの、諦めなかった亀石弁護士。

札幌に戻ってからも猛アピール。
そのかいもあってか、研修から半年後にご結婚しています。

夫からは
「魔がさした。お前に騙された」と言われているとか・・・

こう見てみると、亀石弁護士はその容姿からは想像もつかない『肉食女子』のようです。

亀石倫子弁護士の過去の恋愛歴

そんな『肉食女子』の亀石弁護士。
結婚する前の恋愛歴も強烈なものがあるようです。

貧乏劇団員
売れないバンドマン etc…

破滅に突き進む男子がタイプだったようで、この男性たちにお金を貢いでしまったり、二股をかけられたりと散々な目に遭ってきたとか。

女性は『危なそうな男』に惹かれる、とよく耳にしますが、亀石弁護士はその典型だったのかしれません。

まとめ

今回は『亀石倫子弁護士のプロフィール!夫との馴れ初めと過去の恋愛歴がヤバイ』について書いてきました。

美しすぎる弁護士はどうしてなかなか一筋縄ではいかない女性のようです。

メディアに登場する事がますます多くなってきそうな亀石倫子弁護士。

これからの活動に注目です。

サンステプロデューサーXは誰?浦本勲で確定?!亀石倫子はセクハラを否定

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
日本newsch記事下

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る