佐々木勇気五段の高校大学と戦績は?過去には中学生棋士目前だった!

今現在、日本中の注目を集めている天才少年・藤井聡太さん。

5歳で将棋を始めて2016年、14歳の時に史上最年少で棋士になった中学生が史上最多の29連勝を達成しました!

ホントに世の中にはどんでもない才能が存在するんだなぁとつくづく思わされますよね。

そんな藤井四段の次回の対戦相手は佐々木勇気五段。
無敵の強さを見せている藤井四段と対戦する佐々木勇気五段とは一体どんな棋士なんでしょうか?

非常に気になったので調べてみました。

題して
『佐々木勇気五段の高校大学と戦績は?過去には中学生棋士目前だった!』

スポンサーリンク

佐々木勇気五段の高校大学

渡辺明竜王以来、史上5人目の中学生棋士として注目を集め、現在破竹の勢いで先輩棋士に勝利し続けている藤井四段。

そんな天才少年を迎え撃つ佐々木勇気五段。

画像元:日本将棋連盟

佐々木五段はスイス・ジュネーブ生まれの22歳。
埼玉県三郷市立鷹野小学卒業後は、東京都立白鴎高等学校・附属中学校に進学。

この学校は台東区にある都立高校としては初の中高一貫校。

「浅草の一女」として東京中から才媛が集まっていたナンバースクールが前身。

日本の伝統芸能継承に重きを置いている学校で、在校生には歌舞伎役者の弟子などが多く在籍しているようです。

さらに、中学入試には囲碁・将棋などの特別募集枠が設定されており、ひょっとすると佐々木五段はこの特別枠で入学されている可能性もありますね。

佐々木五段は現在22歳ですから大学に進学してもおかしくない年齢です。
しかし、大学進学に関する情報がない事から大学には進学せずに棋士に専念されている可能性が高いと思われます。

佐々木五段の戦績。実は「中学生棋士」目前だった!

今回は史上5人目の中学生棋士として脚光を浴びている藤井四段。

しかし、この藤井四段よりも前に「中学生棋士」になるのでは?と注目を集めていたのは何を隠そう、佐々木勇気五段なんです。

2003年 佐々木五段は小学3年の時出場した全国小学生倉敷王将戦低学年の部で優勝

2004年 小学4年の時、小学生将棋名人戦でも優勝
この優勝で1994年以来、史上2人目の最低学年記録を更新

そして、同年9月には奨励会に入会。

入会後も、着々と昇給・昇段。
2008年4月、中学2年の時に当時の最速タイ記録で三段に昇段

三段リーグに参加後、1年以内に四段に昇段できれば「ひふみん」事・加藤一二三さん・羽生善治さんら以来の史上4人目の「中学生棋士」という期待がかかっていたものの、結果的に惜しくも昇段を逃しています。

その後は
2010年10月1日付、16歳1ヶ月でプロデビュー。
2013年度加古川青流戦でプロ棋戦初優勝し、C級1組に昇級。
2014年度には新人王戦で準優勝を果たしています。

まとめ

今回は『佐々木勇気五段の高校大学と戦績は?過去には中学生棋士目前だった!』について書いてきました。

史上最年少棋士として早くもその天才的才能を示している藤井四段。

その藤井四段と対戦する佐々木五段もその実力は若くから認められていました。

しかも、今年の棋王戦1回戦ではあの羽生善治九段に勝利を収めており、期待がかかります。

果たして次回の対局で佐々木勇気五段は藤井四段の快進撃を止めることができるのでしょうか?

注目の対局は7月2日(日)です!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る