カブトムシ採集場所in埼玉!子供もテンションがあがる厳選4

レスポンシブ(文字広告)

年もまもなく夏本番!

毎年夏が来ると、たくさんの催しありますが、

その内、子供たちが楽しみにしている『定番』の1つが昆虫採集ではないでしょうか?

特に、 カブトムシはクワガタと並び、
子供たちの人気を二分する存在。

「昆虫の王様」と呼ばれ『ムシキング』の影響もあってか、その人気は衰える事を知りません。

過去と比べて、カブトムシを含め昆虫が生息 しにくい環境になってきたとはいえ

まだまだカブトムシを採集できる場所はありそうです。

そこで今回は、埼玉県に限定してカブトムシ をゲットできそうなオススメの場所を調べてみました。

題して
『カブトムシ採集場所in埼玉!子供もテンションがあがる厳選4』

スポンサーリンク

カブトムシ採集場所in埼玉!厳選4

では早速、ご紹介していきます!

① 狭山稲荷山公園

狭山稲荷山公園は、戦後にアメリカ軍から返還された空軍基地跡地に整備された公園です。

当時、アメリカ人主導で整備されたため、アメリカの公園のような雰囲気を持ち、その敷地も広大。

ソメイヨシノの名所として春は人気の花見スポットとなりますが、

園内にはカブトムシがその樹液を求めて集める事で知られるコナラも多く植林されており、

カブトムシが採集できる事で知られます。

最寄り駅は公園の真ん前にあるのでアクセスも良好です。

<アクセス>
西武鉄道池袋線 稲荷山公園駅から徒歩約5分

駐車場アリ
収容台数:約100台
利用賞金:無料
利用可能時間
4月~9月:8:30~19:30
10月~3月:8:30~18:30

② 仙元山見晴らしの丘公園

埼玉県北部の小川町にある自然豊富な公園。

仙元山の中腹に位置するので
その名称の通り、見晴らしは抜群!

天気の良い日は展望台から『武蔵の小京都』の異名をとる小川町の町並みが一望できます。

また、園内にある「ローラー滑り台」は長さが200m以上もあり

有料ながら子供たちに大人気。

抜群の眺めを楽しみながら同時にスリルも感じる事ができます。

カブトムシ採集ついでに、この滑り台にもチャレンジしてみてくださいネ♪

開園時間:9:45~16:30
休園日:月曜日

<アクセス>

徒歩なら
小川町駅から約40分。

車なら
小川町駅から車で約25分。
関越自動車道 嵐山小川ICから約15分。

駐車場アリ
収容台数:数十台
※駐車場は公園入口とその奥の道路わきです。

【管理事務所:0493-73-1000】

スポンサーリンク



③ 水子貝塚公園

埼玉県富士見市にある縄文時代の貝塚を保存するために整備された歴史公園です。

カブトムシが採集できる場所は園内にある
バーベキュー広場やキャンプ場周辺。

樹液を求めて集結するカブトムシの群れに遭遇できるかも?!

また、園内中央部にある芝生広場には竪穴式住居が5棟復元されています。

内部は一部が公開されていて、縄文人の生活を体感する事ができますヨ。

開園時間:9:00~18:00
入園料金:無料

駐車場アリ
収容台数:約50台
利用料金:無料

<アクセス>

東武東上線 みずほ台駅より徒歩約20分。

④ 秋ヶ瀬公園

さいたま市桜区にある荒川沿いにある
埼玉を代表する大公園。

園内にはサッカー場・ラグビー場に野球場などがあり、県営公園としては埼玉最大の広さを誇ります。

100haもある園内には「野鳥の森」や「ピクニックの森」など自然をそのままに生かした森がひたすら広がっています。

広大な森にあるクヌギ・コナラなどカブトムシが好む樹木を狙ってトラップを仕掛けておくか、もしくは早朝や夜間に出かけると

かなりの確率でカブトムシを採集できると思いますヨ

<アクセス>

徒歩なら
埼京線 中浦和駅から秋ヶ瀬緑道で徒歩約40分
武蔵野線 西浦和駅から徒歩約20分

バスなら
京浜東北線 浦和駅発 国際興行バス
志01系統「志木駅行」乗車
「桜草公園」下車 徒歩約10分
※途中、中浦和駅に寄ります。

東武東上線 志木駅発 国際興行バス
志01系統「浦和駅西口行」乗車
「桜草公園」下車 徒歩約10分

開園時間:5:00~19:00

駐車場アリ
収容台数:約970台
利用料金:無料

【秋ヶ瀬公園管理センター:048-865-7966】

まとめ

今回は『カブトムシ採集場所in埼玉!子供もテンションがあがる厳選4』について書いてきました。

近年では、カブトムシを販売する場所も増えており、お金を払えば、簡単にゲットできる環境が整っています。

しかし、自然の中で自分たちの手でカブトムシをゲットする感覚は

お店で買うのとは比べ物にならない快感があります。

カブトムシは夜行性の生き物ですが
早朝でも採集する事は可能です。

早起きは大変ですが
『早起きは三文の徳』です。

今年の夏は朝早起きして
お子さんを連れて、カブトムシ採集に出かけてみてはいかがでしょうか?

お子さんと一緒に時間を過ごす絶好の機会になる事は間違いありませんヨ♪

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする