彼岸花の名所!神奈川県でキレイな曼珠沙華が見られるスポットはココ!

レスポンシブ(文字広告)

が終わり季節の変わり目を迎える9月

毎年この9月から10月にかけて真紅の花が見頃を迎えるのが彼岸花

曼殊沙華とも呼ばれるこの花は
桜や紫陽花に比べると若干知名度が劣る感じはありますが

真っ赤な花を咲き誇る光景は多くの人々を魅了しています。

日本には彼岸花の美しい花が見られる名所は多く存在しますが

今回は埼玉県に絞ってご紹介していきたいと思います。

題して
『彼岸花の名所!神奈川県でキレイな曼珠沙華が見られるスポットはココ!』

スポンサーリンク

彼岸花の名所 in 神奈川県 おすすめスポット!!

それでは早速ご紹介していきます。

①日向薬師

奈良時代から多くの人々の信仰を集めてきた豊かな自然の中にある真言宗の仏教寺院。

結構長い石段を登り終えると「平成の大修理」を終えたばかりの本堂がお出迎えしてくれます。

この日向薬師の麓にある日向薬師バス停周辺の里山で毎年9月頃になると美しい彼岸花を観賞する事ができますヨ♪

<開門時間>
4月~10月/9:00~17:00
11月~3月/10:00~16:00

<アクセス>
小田急線 伊勢原駅下車⇒北口③番乗り場
神奈川中央交通バス【日向薬師行き】乗車
「日向薬師」下車⇒徒歩約20分

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
日向薬師公式サイト

②常泉寺 

大和市にある曹洞宗のお寺。

『花のお寺』の異名をとり、彼岸花の関東三大名所の1つ。

神奈川県観光協会が認定する
「かながわ花の名所100選」に選ばれており
年間を通じて見事な花々を観賞する事ができます。

秋口になると毎年、赤・白・ピンクなど色とりどりの彼岸花がカラフルな花を咲き誇ります。

拝観料は必要ですが、このお寺は過去に住職自らの手で更地から創り上げた庭では羅漢様や福狸・河童など像が配置されており

庭を歩くだけでも楽しい時間を過ごすことができそうです♪

写真撮影は自由ですが、カメラスタンドや三脚等の撮影機器の持ち込みは厳禁なので

この辺はご注意くださいネ!

<開門時間>
9:00~16:30

<拝観料>
高校生以上:300円
小中学生:150円

<アクセス>
小田急 高座渋谷駅より徒歩約10分

詳細はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓
常泉寺公式サイト

スポンサーリンク



③相模原麻溝公園

相模原公園と隣接する相模原を代表する公園の1つ。

遊具が沢山あり、芝生広場やアスレチック、さらにはオープンカフェもあり

週末には子供連れのファミリーで賑わっています。

また、園内にはパンジー・桜・サルビアなど四季折々の花々が植生しており

中でも全国的に珍しい品種が生息するクレマチスと約7500株もありアジサイが有名ですが

毎年9月になると園内には彼岸花の美しい姿を観賞する事もできます♪

<開園時間>
8:30~17:00

<駐車場>
第一駐車場
収容台数:181台
営業時間:6:00~20:00

第二駐車場
収容台数:107台
営業時間:6:00~20:00

第三駐車場
収容台数:264台
営業時間:6:00~18:00

第四駐車場
収容台数:454台
営業時間:6:00~18:00

第五駐車場
収容台数:259台
営業時間:6:00~19:15

<アクセス>
電車⇒徒歩
相模線 原当麻駅から徒歩約20分

電車⇒バス
相模大野駅北口③番乗り場発
【女子美術大学行き(麻溝台経由)】乗車
「総合体育館前」下車 徒歩約5分

相模原駅南口②番乗り場発
【相武台前駅行き(北里大学病院・北里大学経由)】乗車
「総合体育館前」下車 徒歩約5分

詳細はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓
相模原市観光協会公式サイト

④小出川

神奈川県中央南部を流れる相模川水系の川。

小出川沿い、藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町に渡る約3㎞にかけて約数万株の彼岸花が群生しています。

毎年の見頃は9月下旬~10月上旬。

見頃に合わせて、例年「小出川彼岸花まつり」が開催され多くの人々の目を楽しませてくれます。

また、お祭り会場では、地場野菜・パンなどが販売されており、散策ついでに小腹を満たすこともできそうです

<アクセス>
茅ヶ崎寄り、もしくは寒川町寄りによってアクセスが異なります。

詳細は下記連絡先からどうぞ♪

茅ヶ崎寄り
茅ヶ崎小出川曼殊沙華まつり

寒川町寄り
小出川彼岸花まつり

⑤南足柄市運動公園

南足柄市の屋外スポーツの拠点として幅広い年齢層の市民に親しまれている公園。

園内にはリニューアルしたばかりのテニスコートや野球場やお花見広場などがあり、その敷地はかなり広大。

この広大な園内ではスポーツを楽しむだけではなく、梅・桜・彼岸花・スイレンなど四季折々の花を観賞する事もできます。

この公園の彼岸花はちょっとした穴場的スポットとなっているようで

毎年9月頃になると、園内の土手一面に咲く彼岸花を観る為に、カメラ片手に散策する人々が後を絶ちません。

また、最寄り駅の山北駅から約3㎞ほどのなのでハイキングコースとしても最適です♪

<営業時間>
5月1日~8月31日:9:00~19:00
9月1日~9月30日:9:00~18:00
10月1日~3月31日:9:00~17:00
4月1日~4月30日:9:00~18:00

<休園日>
月曜日

<駐車場>
第一駐車場
収容台数:141台
利用料金:無料
営業時間/8:30~17:15
5月~8月/8:30~19:15
4月又は9月/8:30~18:15

第二駐車場
収容台数:69台
利用料金:無料
営業時間:24時間

<アクセス>
小田急線 新松田駅⇒富士急湘南バス
平日【アサヒビール行き】乗車
土日祝【大雄山駅行き】乗車

「運動公園前」下車 徒歩約5分

まとめ

今回は『彼岸花の名所!神奈川県でキレイな曼珠沙華が見られるスポットはココ!』について書いていきました。

秋の彼岸頃から開花する事から名づけられた彼岸花。

この花は異名が多く存在し、日本では「不吉」だと嫌われる事もおおいようです。

しかし、彼岸花には「天井の花」としてめでたい兆候とされる事もあります。

確かに、そのいでたちは独特ですが

夏から秋への季節の変わり目に咲く赤い花は
今年も多くの人々を魅了しくれる事でしょう!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする