彼岸花の名所!東京で曼殊沙華を楽しめるおすすめスポットならココ

レスポンシブ(文字広告)

が終わり季節の変わり目を迎える9月

毎年この9月から10月にかけて真紅の花が見頃を迎えるのが彼岸花

曼殊沙華とも呼ばれるこの花は
桜や紫陽花に比べると若干知名度が劣る感じはありますが

真紅の鮮やかな花を咲き誇る光景は多くの人々を魅了します。

日本には彼岸花の美しい花が見られる名所は多く存在しますが

今回は東京都に限定してご紹介していきたいと思います。

題して
『彼岸花の名所!東京で曼殊沙華を楽しめるおすすめスポットならココ』

スポンサーリンク

彼岸花の名所in東京。おすすめスポット

①葛西臨海公園

東京湾に面する都内最大級の公園。

その面積は新宿御苑や上野公園よりも大きく

日本有数の水族館・大観覧車・バーベキュー広場などさまざまな楽しみ方ができるスポット。

園内には年間を通じて季節の花々を観賞する事ができます。

毎年9月になると、
中央園路脇や鳥類園を含めた園内各所で赤や白の花を咲かせた彼岸花をゆっくりとした観賞する事ができますヨ!

とにかく敷地が広大な公園なので
彼岸花鑑賞ついでに、園内を散策する事をオススメします。

さらに、公園を出て西に向かい、江戸川沿いの道を散歩するのもアリ。

川風を感じながらまったり休日をお過ごしください♪

<駐車場>
収容台数:181台
利用料金
最初の1時間/200円
以降30分毎/100円
営業時間:24時間

<アクセス>
電車ご利用なら
京葉線 葛西臨海公園駅から徒歩スグ

お車をご利用なら
首都高湾岸線 葛西ICからスグ

情報サイトはこちら
↓ ↓ ↓ ↓
葛西臨海公園公式サイト

②府中市郷土の森公園

府中市南部、多摩川河川敷近くにある公園。

博物館や総合体育館、交通公園などがあり
府中市民の憩いの場として親しまれています。

園内には梅・紫陽花・ハギなど自然が豊富で

毎年秋口になると、旧越智家住宅近くにあるミニ田んぼ付近で綺麗な花を咲かせる彼岸花と出会う事ができます。

ツイートには
「もう終わりかけで色が鮮明じゃなかった」なんてありますが

これでも充分美しいですよね!?

週末になると、多くの人々が訪れるほど人気の公園ですが

敷地が広いのでそれほど混雑を感じることなく真っ赤な彼岸花をまったりと鑑賞できると思いますヨ♪

<駐車場>
収容台数:約400台
利用料金:無料
営業時間:9:00~17:00

<アクセス>
電車⇒徒歩
武蔵野線・南武線 府中本町駅から約20分
京王線・南武線 分倍河原駅から約20分
西武多摩川線 是政駅から約20分

電車⇒バス
分倍河原駅⇒京王バス【郷土の森総合体育館行き】
「郷土の森正門前」下車

所要時間:約5分
料金:現金/180円 IC/175円

分倍河原駅⇒府中市コミュニティバス
【南町・四谷循環】
「南町2丁目」下車

所要時間:約5分
料金:現金/180円 IC/175円

バスの詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
京王バス公式サイト

公園の詳細はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
府中市郷土の森博物館公式サイト

③東綾瀬公園

点在する広場が遊歩道で繋がっている
U字型の公園。

日本庭園や野球場などがあり年齢を問わず楽しめます。

全長は約2kmの園内では花畑川を水源とするせせらぎが流れ緑が豊か。

例年、9月になると、この流れ沿いに約1万株の彼岸花が真紅の花を咲き誇ります。

せせらぎ沿いに咲く彼岸花は都会ではなかなかお目にかかれませんヨ♪

<駐車場>
収容台数:107台
利用料金
最初の1時間/300円
以降30分毎/100円
営業時間24時間

<アクセス>
千代田線 綾瀬駅から徒歩約20分
千代田線 北綾瀬駅から徒歩約15分

公園の詳細はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
東京都公園協会公式サイト 東綾瀬公園

スポンサーリンク



④昭和記念公園 

立川市と昭島市にまたがる国営公園。

東京ドーム約40個分もある広大な敷地内では
年間を通じて様々なイベントが開催されています。

また、園内には四季を感じる事ができる植物が数多く植生。

広大な園内で彼岸花が観賞できるのは
ふれあい橋南西斜面
こもれびの家前
こもれびの丘東側坂道沿い

総数25000株の彼岸花が咲き乱れる光景は壮大。

また、同時期には、オミナエシやスギモクセイなど他の花も楽しむ事ができるのでお得ですネ♪

因みに、園内の植物の開花状況はこちらで随時更新されます。
↓ ↓ ↓ ↓
昭和記念公園 花情報

<営業時間>
9:30~17:00

<入園料金>
15歳以上:450円
小中学生:無料
65歳以上:210円

<駐車場>3カ所
収容総台数
普通車:約2600台
二輪:130台
利用料金
普通車:820円
二輪:260円

駐車場の詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
昭和記念公園 駐車場情報

<アクセス>
電車をご利用なら
中央線 立川駅「あけぼの口」から
徒歩約10分
青梅線 西立川駅「西立川口」 から徒歩スグ
多摩都市モノレール 立川北駅から
徒歩約10分

お車をご利用なら
中央自動車道国立府中ICより約20分

公園の詳細はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
昭和記念公園公式サイト

⑤浜離宮恩賜庭園

東京湾からの海水の満ち引きが見られる
「潮入の池」と二つの「鴨場」をもつ
江戸時代の代表的な大名庭園。

南庭と北庭に分かれる園内では梅林やボタン園など季節ごとに可憐な花を咲かせてくれます。

そんな園内でおススメの彼岸花の鑑賞スポットは「延遼館跡」

毎年9月中旬になると
見事なサルスベリがある芝生に群生する彼岸花が燃えるような赤い花を咲かせます。

中には白い彼岸花も混ざっていて
イイ感じのアクセントとなっていますヨ♪

また、内堀を挟んだお花畑にはコスモスの花も鑑賞する事ができるので

是非、そちらまで足を運ぶ事をオススメします!

<営業時間>
9:00~17:00

<利用料金>
一般:300円
65歳以上:150円

<アクセス>
大江戸線 汐留駅から徒歩約10分
ゆりかもめ 汐留駅から徒歩約10分
新橋駅から徒歩約15分

公園詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
東京都公園協会公式サイト 浜離宮

まとめ

今回は『彼岸花の名所!東京で曼殊沙華を楽しめるおすすめスポットならココ』について書いてきました。

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする