彼岸花の名所!九州で曼殊沙華を観るならココがおススメ!!

レスポンシブ(文字広告)

が終わり季節の変わり目を迎える9月

毎年この9月から10月にかけて真紅の花が見頃を迎えるのが彼岸花

曼殊沙華とも呼ばれるこの花は
桜や紫陽花に比べると若干知名度が劣る感じはありますが

真紅の鮮やかな花を咲き誇る光景は多くの人々を魅了します。

日本には彼岸花の美しい花が見られる名所は多く存在しますが

今回は九州に限定してご紹介していきたいと思います。

題して
『彼岸花の名所!九州で曼殊沙華を観るならココがおススメ!! 』

スポンサーリンク

彼岸花の名所!九州で鑑賞するならココ!!

◆長崎◆

①鉢巻山展望所

大村湾に沈む美しい夕日が見られる事で知られる標高334mの山頂にある展望台。

毎年9月中旬になると、約100万本と言われる
赤・白・クリーム色との彼岸花が咲き乱れます。

山頂から眺望できる360度の大パノラマとのコラボはまさに絶景です!!

また、彼岸花の見頃に合わせて「彼岸花まつり」も開催され
例年多くの見物客で賑わう人気のスポットです。

<駐車場>
収容台数:約200台
料金:無料

<アクセス>
電車をご利用なら
大村駅⇒バス
バス所要時間:約40分

お車をご利用なら
長崎自動車道 大村ICから約15分

詳細はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓
観光情報「観るなび」大村市

◆宮崎◆

②萩の茶屋

彼岸花が「町花」である小林市野尻町にあります。

花街道国道268号線沿いには
春には八重桜やツツジが
夏には紫陽花やネムの花が花を咲かせます。

そして、この場所で一番美しいとされるのが
秋に咲く彼岸花

約400万本!!と言われる赤色やピンクの彼岸花が妖しくも美しい花を咲き誇る光景は
圧巻です。

<アクセス>
お車で
宮崎道高原ICから約40分

詳細はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓
小林市観光協会公式サイト

◆佐賀◆

③炭山棚田

伊万里市の南西部の標高約200mに位置する炭山地区にある棚田。

国見山をバックに広がる棚田では
毎年、9月中旬~10月上旬に彼岸花が満開を迎え、燃えるような赤い花を鑑賞できます。

夏には紫陽花が観られるなど
季節によって、違った風景が味わえます。

また、炭山棚田では棚田米を使ったオリジナルの日本酒を購入する事もできますヨ♪

<アクセス>
電車⇒バス
伊万里駅⇒西肥バス【炭山線】乗車
「炭山」下車 徒歩スグ

バス所要時間:約20分
バス料金:340円

バス詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
西肥バス公式サイト

お車なら
伊万里駅から約20分

炭山棚田の詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
すみやま棚田公式サイト

スポンサーリンク



④江里山の棚田

天山山系中腹、標高約250mに位置する風光明媚な江里山地区にある棚田です。

江里山の棚田は「日本の棚田百選」「22世紀に残す佐賀県遺産」にも選定されるなど

古き良き日本の風景が残る貴重な場所。

約600枚の棚田では毎年9月下旬頃になると

真紅の赤をメインに白や黄色の彼岸花が
その存在を誇示するように咲き乱れます。

棚田の稲穂の緑と彼岸花の赤の鮮やかなコントラストにクギ付けになる事間違いなし♪

また、例年9月下旬には「江里山ひがん花まつり」が開催され

地元の農産物の販売や「棚田コンサート」などさまざまな催しが行われます。

当日は、臨時駐車場が準備され、シャトルバスも運行されますので

参加予定のアナタは是非ご利用ください♪

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
小城市の主要イベント

<駐車場>
江里山観賞広場
収容台数:約5台
料金:無料

江里山農村公園
収容台数:約10台
料金:無料

<アクセス>
お車で
小城駅から約20分

詳細はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓
小城市公式サイト

◆熊本◆

⑤番所地区の棚田

熊本県山鹿市にある県内随一の彼岸花の名所。

「県農村景観コンクール大賞」を受賞するなど
日本のふるさとの光景が残されているノスタルジックな場所でもあります。

例年9月中旬~下旬にかけて棚田のあぜ道が彼岸花の赤色で真っ赤に染まります。

毎年この時期になると、この美しい光景を一目見ようと

カメラやスマホ片手に県内外から大勢の人々が訪れます。

<駐車場>
なし
※ほとんどの方が路上駐車されています。

<アクセス>
お車で
九州自動車道 菊水ICから約25分

詳細はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓
山鹿探訪なび

まとめ

今回は『彼岸花の名所!九州で曼殊沙華を観るならココがおススメ!! 』について書いてきました。

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする