彼岸花の名所!兵庫県で真紅の赤を観るからココがおすすめ!!

レスポンシブ(文字広告)

が終わり季節の変わり目を迎える9月

毎年この9月から10月にかけて真紅の花が見頃を迎えるのが彼岸花

曼殊沙華とも呼ばれるこの花は
桜や紫陽花に比べると若干知名度が劣る感じはありますが

真紅の鮮やかな花を咲き誇る光景は多くの人々を魅了します。

日本には彼岸花の美しい花が見られる名所は多く存在しますが

今回は兵庫県に限定してご紹介していきたいと思います。

題して
『彼岸花の名所!兵庫県で真紅の赤を観るからココがおすすめ!!』

スポンサーリンク

彼岸花の名所!兵庫県のおすすめスポットはココ!

①竹田城跡周辺

テレビなどで取り上げられたことがきっかけで

一気に全国区になった言わずと知れた「天空の城」

毎年シーズンになると
この竹田城跡周辺にある田畑のあぜ道や川沿いの土手、

さらに、播但線の線路沿いに彼岸花が咲き誇る姿を観賞する事ができます。

秋の晴れた日の早朝に発生しやすいとされる朝霧。

雲海に浮かび上がる竹田城を上に眺めながら
彼岸花を観賞する・・・・

考えただけで
帰りたくなくなりそうですネ 笑

<竹田城跡観覧料金>
高校生以上:500円
中学生以下:無料

<竹田城跡観覧時間帯>
秋(9月1日~11月30日)/ 4:00~17:00

尚、竹田城跡へアクセスや駐車場の詳細は
こちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓
竹田城跡アクセスと駐車場

丁寧に説明してくれていますので
非常に分かりやすいと思います♪

②大歳神社

兵庫県多可町坂本地区にある関西でも有数の彼岸花の観賞スポット。

境内や神社周辺にはかなりの規模の彼岸花の群生地があり

例年9月になると
真っ赤な絨毯を敷き詰めたかのように

辺り一面が彼岸花の真紅の花が咲き乱れる光景には圧倒されます。

<アクセス>
お車で
多可町役場から約10分

タクシーをご利用なら
加古川線 本黒田駅から約15分

詳細はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
4travel.jp

スポンサーリンク



③多可町間子地区

大歳神社の近くにある思出川の堤防沿いに彼岸花の観賞スポットがあります。

真っ赤な花は当然ながら、黄色や白色の花を咲かせた色とりどりの彼岸花が田園風景の中に溶け込むように咲き誇ります。

こちらの彼岸花は間子地区の住民の方々の手に植えられたもの。

綺麗に管理された彼岸花の生息地には水車もあり、日本の里山の雰囲気を醸し出してくれます。

また、彼岸花の観賞スポットから北へ約5km

多可町加美区内にある「梅花藻」もおすすめ。

梅花藻は水温17℃以下の綺麗な冷たい水の中にしか生息できない植物。

用水路に繁茂するところに水生昆虫や魚が泳ぎ

周辺住民の憩いの場にもなっています。

<アクセス>
お車をご利用なら
中国自動車道 滝野社ICから約25分

梅花藻はこちら

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
旅ぐるなび 間子の曼殊沙華

④円照寺 加古川市

加古川市北西部の田園地帯にある浄土真宗の寺院。

「花の寺」として知られるこのお寺の境内では

ツバキ・ジャスミン・カサブランカ・萩など四季折々の季節の花が生息しており

年間を通じて美しい花を観賞する事ができます。

こちらの現境内から北へ徒歩でスグの所にある旧境内には彼岸花の群生地があり

例年8月下旬頃から、真紅の花を中心にピンク・など5種類の花を咲かせた彼岸花を観賞する事ができます♪

因みに例年の見頃は
紫:8月下旬
ピンク:9月上旬
黄色・白:9月上旬~中旬
赤:9月下旬 との事です。

彼岸花に紫色があるなんて、私は知りませんでした。

日本全国探しても紫色の彼岸花なんてなかなかお目にかかれないのではないでしょうか?

これは彼岸花好きには堪らないスポットですネ!

<開場時間>
6:00~18:00

<駐車場>
場所:門の中
公会堂前駐車場(寺院から約100m)
利用料金:無料

<アクセス>
電車⇒バス
加古川駅南口⑤乗り場から
神姫バス【広尾東行き】乗車
「広尾東」下車 徒歩約10分

お車をご利用なら
山陽自動車道 加古川北ICから約25分

タクシーをご利用なら
宝殿駅から約15分

詳細はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓
加古川円照寺公式サイト

まとめ

今回は『彼岸花の名所!兵庫県で真紅の赤を観るからココがおすすめ!!』について書いてきました。

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする