彼岸花の名所!広島でおすすめの観賞スポットはココ!!

レスポンシブ(文字広告)

が終わり季節の変わり目を迎える9月

毎年この9月から10月にかけて真紅の花が見頃を迎えるのが彼岸花

曼殊沙華とも呼ばれるこの花は
桜や紫陽花に比べると若干知名度が劣る感じはありますが

深紅の燃えるような花を咲き誇る光景は多くの人々を魅了してやみません。

日本には彼岸花の美しい花が見られる名所は多く存在しますが

今回は広島県に限定してご紹介していきたいと思います。

題して
『彼岸花の名所!広島でおすすめの観賞スポットはココ!!』

スポンサーリンク

彼岸花の名所!広島のおすすめスポット

①辻の彼岸花群生地

広島で彼岸花を観賞するなら絶対外せないスポット。

中国地方随一と言われ、
彼岸花の名所」全国ベスト10にも選ばれるほどです。

三次市吉舎町を流れる馬洗川沿いには

例年9月中旬~下旬にかけて彼岸花が美しい花を
咲かせ、

辺り一面が燃えように真紅に染まる光景は
一見の価値あり!

また、三次市吉舎町ではこちら以外でも
上安田羽場でも群生している彼岸花を観賞する事ができます。

辻の彼岸花ほど知名度は高くありませんが
羽場の彼岸花も負けず劣らず妖しく美しい花を鑑賞できますヨ♪

<アクセス>
お車で
中国やまなみ街道 吉舎ICから約15分

情報サイトはこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
三次市観光公式サイト

②尾道市御調町いきいきロード

「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも認定された御調川沿いにある歩行者専用道路。

この道では毎年9月中旬頃から約10万本とも言われる彼岸花が真っ赤な花を咲き誇ります。

週末になると、このステキな光景を一目見ようと
大勢の見物客が県内外から訪れ

カメラ片手に写真撮影する姿が多く見られます。

約3.5kmある「いきいきロード」は7つの小さな公園が点在しており

園内には遊具や芝生などがあり
子供が遊ばせるも良し
まったりと休憩を取るも良し ですヨ!

情報サイトはこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
広島ニュース 食べタインジャー

③花みどり公園 ふれあいの里三国

広島市安佐町久地にある
シャクナゲで有名な公園。

「シャクナゲの国」
「わんぱくの国」
「バザールの国」

に分類される広大な園内はその名の通り
年間と通じてさまざまな種類の花々を楽しむ事ができます。

彼岸花は「わんぱくの国」エリアを中心に
園内の至る所で真っ赤な花を鑑賞できます。

また、ドッグランのある斜面にも植えられているので

犬と戯れながら彼岸花を楽しむ事もできますヨ♪

<開園時間>
9:00~16:30
※ドッグランは9:00~~16:00

<休園日>
火曜日

<駐車場>
収容台数:約300台
利用料金:無料

<アクセス>
アストラムライン⇒広島電鉄バス⇒徒歩
アストラムライン 上安駅下車
【あさひが丘線】乗車、「あさひが丘中」下車
タクシーで約5分

バス運賃:260円

アストラムライン詳細はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
広島高速交通公式サイト

広島電鉄バスの詳細はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
広島電鉄公式サイト「路線バス」北部エリア

公園の詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
花みどり公園公式サイト

まとめ

今回は『彼岸花の名所!広島でおすすめの観賞スポットはココ!!』について書いてきました。

彼岸花は市街地よりも田畑や川沿いの土手など
緑が豊富な場所に生息します。

夏が終わり、季節の変わり目となる9月。

街を出て、秋の訪れを感じられる自然豊かな場所に彼岸花鑑賞に出かけてみてはいかがですか??

関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする