紫陽花の名所in関東<東京都>八仙花を観るならココがおすすめ

レスポンシブ(文字広告)

年、6月~7月にかけて開花。

青・白・黄色など鮮やかでカラフルな花を咲かせてくれる紫陽花。

雨が似合う花の代表格である紫陽花は
世界中で見られますが

実は、日本に自生していたものが母種なのは
あまり知られていない事実です。

日本にはそんな紫陽花の名所と呼ばれるスポットが数多く存在しますが

今回はその中でも関東。
とりわけ東京都に限定して情報をまとめていきます。

題して
『紫陽花の名所in関東<東京都>八仙花を観るならココがおすすめ』

スポンサーリンク

紫陽花!東京の名所でオススメはこちら

①飛鳥山公園「飛鳥の小径(こみち)」

かつて渋沢栄一が居を構えた飛鳥山。

毎年、紫陽花のシーズンになると

この飛鳥山の東側、JRの線路沿いにある
約350mに渡って

日本固有種である「ガクアジサイ」
海外から逆輸入された「セイヨウアジサイ」
を含めた

約10種1300株の紫陽花が青・紫・ピンクの
見事な花を咲き誇ります。

この小径は線路沿いを走っている為
電車と美しい紫陽花を同時に撮影でき

かつ、電車の中からも眺められる紫陽花の名所として

東京でも人気のスポットとなっています。

<開花状況・見頃>
6月上旬~6月下旬
※開花状況はこちらの「お知らせ」で随時更新
↓ ↓ ↓ ↓
北区公式サイト

<アクセス>
京浜東北線 王子駅から徒歩スグ
都電荒川線 飛鳥山停留場から徒歩スグ

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
北区公式サイト 飛鳥山公園

②としまえん 

池袋駅から約15分。
都心から至近距離にある東京を代表するレジャースポット。

園内にある「あじさい園」では150種10000株の紫陽花が鮮やかな美しい花を咲かせます。

また、毎年あじさいの見頃に合わせて
週末には「あじさいナイト」を開催。

ライトアップされた紫陽花は昼間に観るのとはまた違った姿をみせてくれます。

<開花状況・見頃>
5月下旬~6月上旬

<営業時間>
10:00~17:00
※あじさいナイト開催日は19:30まで

<入園料>
中学生以上:1000円
3歳~小学生:500円

※あじさいナイト開催日17:00以降:500円

<アクセス>
西武豊島線 豊島園駅から徒歩スグ

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
としまえん公式サイト

としまえんあじさいナイト

③わんダフルネイチャーヴィレッジ

東京サマーランドに隣接する「わんダフルネイチャーヴィレッジ」

敷地内にあるハイキングコースにある「あじさい園」では

約60種約15000本の紫陽花がカラフルな花を咲き誇ります。

中でも、人気を集めているのが
「アナベルの雪山」

純白の紫陽花「アナベル」が斜面一面を覆う光景は新雪が積もる雪山のようで神秘的です♪

<開花状況・見頃>
6月中旬~7月上旬

<入園料>
中学生以上:800円
小学生:400円
犬:800円

<駐車場料金>
普通車:700円/1日
二輪車:300円/1日

<アクセス>
お車で
中央道 あきる野ICから約5分

電車⇒バス
京王八王子駅中央口④番乗り場から
西東京バス【サマーランド行】
「サマーランド」下車

バス所要時間:約35分
バス運賃:大人/500円 小人/250円

八王子駅北口⑫番乗り場から
西東京バス【サマーランド行】
「サマーランド」下車

バス所要時間:約30分
バス運賃:大人/500円 小人/250円

秋川駅北口②番乗り場から
西東京バス【サマーランド行】
「サマーランド」下車

バス所要時間:約10分
バス運賃:大人/200円 小人/100円

アクセス詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
東京サマーランド交通案内

路線バス詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
西東京バス公式サイト 路線バス

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
わんダフルネイチャーヴィレッジ公式サイト

スポンサーリンク



④高幡不動尊金剛寺

「高幡のお不動さん」として地元の方々に親しまれている関東屈指の古刹。

約4000坪の境内と約30000坪もある周辺の山林では

毎年6月~7月にかけて200種類以上・約7500株の
紫陽花は咲き乱れる光景は

まさに紫陽花の名所と呼ばれるにふさわしいといえるでしょう。

まさ、例年6月1日~7月初旬にかけて
紫陽花の見頃に合わせて「あじさいまつり」が開催され

都内外から多くの紫陽花ファンが訪れます。

<開花状況・見頃>
6月上旬~7月上旬
※開花状況はこちらで随時更新
↓ ↓ ↓ ↓
高幡不動尊公式サイト

<アクセス>
高幡不動駅から徒歩約5分

あじさいまつり詳細はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
高幡不動尊あじさいまつり

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
高幡不動尊公式サイト

⑤ファンケル銀座スクエア

大都会東京のど真ん中、銀座で紫陽花を愛でる事が出来る大人の観賞スポット。

中央通りに面するファン銀座スクエア10Fにある空中庭園は

こじんまりしたスペースながら

蝦夷アジサイ・姫アジサイなど約15種約500本

他では観る事が出来ない個性的な紫陽花を観賞する事ができちゃいます♪

他の紫陽花スポットと比較すると
まだ知らない人が多いようですが

銀座の新しい名所となる可能性大ですネ♪

<開園期間>
2018年6月1日~8日

<営業時間>
11:30~18:30

<アクセス>
地下鉄銀座駅A3出口から徒歩スグ

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
ファンケル銀座スクエア あじさいガーデン

⑥多摩川台公園

田園調布からほど近い多摩川沿いにある広大な敷地内では

古墳・野草園・あじさい園などがあり見処が豊富。

毎年6月に入ると、
アマアジサイ・ガクアジサイ・タマアジサイを含めた

約7種約2700株の紫陽花が咲き乱れます。

ライトアップは見られませんが

周辺の区民と中心に
多くの人々が紫陽花鑑賞に訪れる大田区の紫陽花の名所として知られます。

<開花状況・見頃>
例年の見頃:6月上旬~6月中旬

<アクセス>
東急線 多摩川駅から徒歩約5分

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
二子玉川ローカルマガジン

まとめ

今回は『紫陽花の名所in関東<東京都>八仙花を観るならココがおすすめ』について書いてきました。

東京は他の都市に比べ鉄道網が発達しており
多少、郊外であっても訪れやすいスポットが多いです。

また、としまえんのように都心からスグのレジャー施設でも紫陽花を楽しむ事もでき

さまざまな紫陽花の楽しみ方ができるのも
東京の特徴ではないでしょうか?

今年、紫陽花鑑賞に訪れるアナタは
是非最高の時間を過ごしてださいネ!

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする