コスモスの名所2018!九州の見頃や開花情報をご紹介

レスポンシブ(文字広告)

年秋になると、ピンク・白・赤など可憐な花を咲かせ

秋を代表する花に数えられるコスモス。

「秋桜」(アキザクラ)とも言われ、このコスモスをシンボルとする自治体も結構多いようです。

日本各地にはそんなコスモスが美しい花を咲かせる「名所」と呼ばれるフラワースポットが存在します。

そこで今回は日本各地にあるコスモスの名所の中から

九州にフォーカスして情報をまとめていきたいと思います。

題して

『コスモスの名所2018!九州の見頃や開花情報をご紹介』

スポンサーリンク

コスモスの名所2018in九州!見頃や開花情報

◆福岡◆

海の中道海浜公園

博多湾と玄界灘に囲まれた地形にある国営公園。

約300haもある巨大な敷地内では
四季折々の花々を観賞する事ができます。

毎年秋になると、園内にある「花の丘」で約200万本ものコスモスが美しいピンクや白の花絨毯を敷き詰めます。

さらに、各季節の花の見頃に合わせて各種イベントを開催。

加えて、グルメイベントやクリスマス限定イベントなど楽しい催しが盛りだくさん!

<見頃・開花情報>
9月下旬~11月上旬

<営業時間>
3月1日~10月31日/9:30~17:30
11月1日~2月末日/9:30~17:00

<料金>
15歳以上:450円
65歳以上:210円
中学生以下:無料

<駐車場>
収容台数:約3400台
利用料金:普通車/520円 二輪車/260円

<アクセス>
海ノ中道駅下車すぐ

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
海の中道海浜公園公式サイト

平原歴史公園

福岡県糸島市にある国指定史跡・平原遺跡に整備された公園。

毎年秋になると、地元の方々の手で植栽されたコスモスが開花。

白やピンクのコスモスの可憐な花々が日本有数の遺跡をカラフルに彩る光景を一目見ようと

例年、大勢の観光客が足を運びます。

<見頃・開花情報>
10月中旬

<営業時間>
特になし

<料金>
無料

<駐車場>
収容台数:約20台

<アクセス>
西九州道 今宿ICから車で約20分

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
糸島市観光協会公式ホームページ

◆大分◆
くじゅう花公園

園内ではコスモスをはじめ
チューリップ・ネモフィラ・ラベンダー・サルビアなど四季折々の花々が楽しめるまさに「花の王国」

例年、10月頃にはサルビアと入れ替わりで
100万本のコスモスが開花を始めます。

くじゅう連山をバックにして100万本ものコスモスが丘一面を埋め尽くす景観に思わずウットリしてしますかもしれませんヨ♪

<見頃・開花情報>
9月下旬~10月中旬

開花情報は随時ホームページで更新されているので是非下記リンク先からご確認ください。

<営業時間>
8:30~17:30

<料金>
高校生以上:1300円
70歳以上:1100円
5歳~中学生:500円

<駐車場>
収容台数:300円/1日

<アクセス>
大分道 九重ICから車で約60分

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
くじゅう花公園公式サイト

三光コスモス園

西日本最大級と言われる大分が誇るコスモスの名所。

『日本夜景遺産』にも認定された八面山の裾野に広がる広大な花畑では約2800万本ものコスモスが咲き乱れます。

辺り一面見渡す限りに広がる光景は
まさにコスモスの大海原です。

また、例年、10月に入ると、三光コスモス祭りも開催。

コスモスの花の色を利用してキャラクターなどが描かれる「コスモスアート」は必見ですヨ♪

<見頃・開花情報>
10月中旬~下旬

<営業時間>
10:00~15:00
※営業時間外の鑑賞は可能

<料金>
無料

<駐車場>
収容台数:約330台

<アクセス>
東九州道 中津ICから車で約10分

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
中津耶摩渓観光協会

スポンサーリンク



◆長崎◆

展海峰

定番のピンクや白だけでなく、黄色やオレンジなど

他ではなかなか見られない珍しい品種を含めた約10種類ものコスモスが観賞できるスポット。

眼下に広がる九十九島を一望できる展望台は佐世保有数の人気スポット。

10月中旬になると開催される「展海峰コスモスウォーク」

九十九島を眺めながら俵ヶ浦半島の海辺の集落をのんびりウォーキング。

例年、1日限定でオープンする「俵ヶ浦半島カフェ・マルシェ」が人気です♪

<見頃・開花情報>
10月中旬~下旬

<営業時間>
特になし

<料金>
無料

<駐車場>
収容台数:約120台

<アクセス>
西九州道 佐世保中央ICから車で約30分

詳細はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
ながさき旅ネット 展海峰

諫早湾自然干陸地フラワーゾーン

諫早湾干拓事業によってできた干陸地に造られた花畑。

広大な花畑では秋になると、約300万本のコスモスが白やピンクの花を咲き誇ります。

その光景はまさに「花の絨毯」

春には菜の花を観賞する事もでき
雲仙岳をバックにコスモスや菜の花が咲き乱れる光景は「雄大」そのもの。

例年10月末には「100万本のコスモスまつり」も開催され

県内外から大勢の観光客が訪れる人気のスポットです。

<見頃・開花情報>
10月中旬~10月下旬

<営業時間>
特になし

<料金>
無料

<駐車場>

<アクセス>
長崎道 諫早ICから車で約30分
諫早駅から車で約20分

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
ながさき旅ネット 干陸地フラワーゾーン

◆熊本◆

熊本県菊池市七城地区

「県下一のコスモスの名所」と呼ばれるこのエリアでは

菊池川と迫間川沿い河川敷は10月中旬頃からコスモスロードに早変わり♪

のどかな田園風景の中、3㎞以上に渡り咲き誇るコスモスの花々を観ていると、素敵な気分に浸れます。

特におすすめスポットは七城町コスモブリッジ周辺。

橋をバックに眺めるコスモスは抜群の「インスタ映え」するスポットですヨ♪

<見頃・開花情報>
10月中旬~下旬

<営業時間>
特になし

<料金>
無料

<駐車場>

<アクセス>
九州道 植木ICから車で約20分

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
菊池の観光ナビ

七城地区コスモスマップ

◆宮崎◆

西都原古墳群

「南九州一のコスモスの名所」と名高い日本有数の史跡古墳。

約300万本のコスモスが古墳群一帯に咲き誇る光景は圧巻。

赤・白・ピンク三色の可憐なコスモスの花々が
西都原の大地を彩ります。

また、例年10月末から11月初旬にかけて
ふるさと産業まつりや西都古墳まつりが開催。

コスモス鑑賞したり、イベントに参加したりと
一日中まったりと時間を過ごす事ができそうですネ♪

<見頃・開花情報>
10月下旬~11月上旬

<営業時間>
特になし

<料金>
無料

<駐車場>
収容台数:約700台

<アクセス>
東九州道 西都ICから車で約10分

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
西都市観光協会公式サイト

◆鹿児島◆
霧島ヶ丘公園

鹿屋市中心から約7㎞の標高約160mある丘陵地帯にある公園。

咲いているコスモスの本数は約50万本と他の名所と比べると少なめ。

しかし、なだらかな丘陵地帯に広がるコスモスのピンクや白の色彩と

園内展望台から眺望できる桜島・錦絵湾とのコラボはまさに絶景

本数の少なさなんか忘れさせてくれるくらい美しい光景が広がります。

<見頃・開花情報>
10月下旬~11月中旬

<営業時間>
特になし
展望台は9:00~16:30
※かやのばら園は9:00~17:00

<料金>
無料

<駐車場>
収容台数:約1300台

<アクセス>
大隅縦貫道 笠之原ICから車で約30分

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
鹿屋市公式サイト

上場高原コスモス園

標高500mの上場高原では春には約10万本の菜の花。夏には紫陽花。

さらには、秋にはコスモスと一年を通じて美しい花が観賞できます。

例年、9月下旬になると、3haもある広大な高原では

約25万本のコスモスが咲き乱れる光景を眺める事が出来ます。

特に、段々畑になった斜面の上にある展望台から眺めるコスモス畑の美しさは観る者を魅了します。

また、上場高原は遺跡がある事でも知られ
例年、コスモスの開花時期に合わせて開催される古代マーケットも好評。

地元で採れた新鮮な野菜や地元の牛乳を使用したジェラートが販売され大勢の観光客で賑わっています。

<見頃・開花情報>
9月下旬~10月中旬

<営業時間>
特になし

<料金>
無料

<駐車場>
収容台数:145台

<アクセス>
九州道 栗野ICから車で約60分
出水駅から車で約30分

※期間限定で出水駅発の上場高原行きシャトルバスが運行されます。

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
鹿児島県観光サイト 上場高原(コスモス園)

まとめ

今回は『コスモスの名所2018!九州の見頃や開花情報をご紹介』について書いてきました。

コスモスの花言葉は『乙女の純潔・乙女の真心』など繊細なイメージがあります。

今年はどんな『繊細な』花を咲かせてくれるのでしょうか?

とっても待ち遠しいですね♪

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする