コスモス2018!関東のオススメスポットはココ!見頃や開花情報も

レスポンシブ(文字広告)

になると、ピンク・白・赤など可憐な花を咲かせ秋を代表する花と言ってもいいコスモス。

「秋桜」(アキザクラ)とも言われ、このコスモスをシンボルとする自治体も多く存在します。

日本各地にはこのコスモスが美しい花を咲かせる「名所」と呼ばれるスポットが存在します。

そこで今回は日本各地にあるコスモスの名所の中から

関東をターゲットにして記事をまとめていきたいと思います。

題して

『コスモス2018!関東のオススメスポットはココ!見頃や開花情報も』

スポンサーリンク

コスモス2018in関東! オススメのスポットはココ!

◆東京◆

昭和記念公園

言わずと知れた東京を代表する公園。

昭和記念公園は桜や彼岸花など様々な花の名所として知られていますが

秋の花の代表格コスモスの名所としても有名な公園です。

巨大な園内で約400万本のコスモスが咲き誇り
見物客を魅了します。

因みに、園内でコスモスが観賞できるの場所は以下の3カ所。

東花畑・西花畑・花の丘

また、園内では例年9月中旬~10月末にかけてコスモス祭りも開催。

期間中は署名写真家の写真展や園内ツアー。
さらに、子供たちの為の体験イベントも開催されているので

子供連れのファミリーでコスモス鑑賞ついでに訪れてみるのも良いかもしれません。

開催期間中は大勢の人びとで賑わいますが
園内はかなり広いのでそれほど混雑は気にならないと思いますヨ♪

<見ごろ・開花情報>
東花畑:9月中旬~9月下旬
花の丘:10月上旬~10月下旬
西花畑:10月下旬~11月上旬

※コスモスの開花状況はこちらで随時更新されれています
↓ ↓ ↓ ↓
昭和記念公園「花情報」

<営業時間>
3月1日~10月31日 / 9:30〜17:00
11月1日~2月末日 / 9:30~16:30

<料金>
15歳以上:450円
65歳以上:210円
小中学生:無料

<駐車場>
収容台数:約2600台
利用料金:普通車/820円 原付二輪/260円

<アクセス>
立川駅から「あけぼの口」まで徒歩約10分
西立川駅から「西立川口」まで徒歩スグ
東中神駅から「昭島口」まで徒歩約10分

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
昭和記念公園公式サイト

◆埼玉◆

新河岸川のコスモス街道

富士見市を流れる新河岸川に架かる木染橋

例年、10月頃になると
そこから上流方向へ約1㎞に渡ってサイクリングコースの両脇にコスモスの花が咲き乱れます。

この場所は地元の方から『コスモス街道』の名称で親しまれおり、

地元の有志の皆さんの手によって、きれいに管理されているそうです。

両脇をコスモスの挟まれながら、のんびり散歩すると日常のストレスも忘れちゃうかもしれませんネ!

<見ごろ・開花情報>
9月下旬から10月中旬

<営業時間>
特になし

<料金>
無料

<駐車場>
専用駐車場なし

<アクセス>
富士見市内循環バス
みずほ台駅⇒【水谷東線】乗車
「水子貝塚公園」下車後 徒歩約5分

バス料金:大人/170円 子供/90円 ※一律

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
富士見市市内循環「ふれあい号」

東武バス
志木駅東口⇒【下南畑・富士見高校行き】
「寺下団地」下車 徒歩スグ

バス料金:230円

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
東武バス公式サイト

荒川コスモス街道

鴻巣市吹上にある荒川堤にある首都圏最大級の規模を誇るコスモスの名所。

荒川堤防沿い約5㎞に渡って約1000万本ものコスモス
定番のピンク以外にも、黄色、オレンジ色などさまざまな色の花を咲かせます。

1000万本ってハンパないですネ 汗

コスモス畑の中には迷路にように道が巡っていて

その道に立つと、まるでコスモスの花に埋まっているような錯覚に陥るくらいです。

コスモス畑の周辺には芝生が広がっているので、

シートを広げてピクニック気分でお花見ランチをするのもアリですヨ♪

<見ごろ・開花情報>
10月中旬から下旬

<営業時間>
特になし

<料金>
無料

<駐車場>

<アクセス>
関越自動車道 東松山ICから車で約40分
高崎線 吹上駅から徒歩約30分
高崎線 吹上駅⇒フラワー号バス【吹上南コース】

「コスモスアリーナふきあげ」下車 徒歩約5分

バス所要時間:約5分

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
ロコナビ

◆神奈川◆
長井海の手公園 ソレイユの丘

#cosmos #landscape #beautifulview #autumn

Mayumi Shimuraさん(@mai0522perc)がシェアした投稿 –

相模湾に突き出た小高い丘の上にある公園。

入口ゲートを入ると、すぐ右側にお目当ての花畑が出現。

例年、秋になると、約5万本のコスモスが秋風に揺れるピンク色の花を咲かせます。

東京ドーム4個半ものある巨大な園内ではキャンプ場や農園、じゃぶじゃぶ池etc….

一日中いても飽きずに時間を過ごすことができそうですネ♪

残念ながら、2017年は台風の塩害の影響から
コスモス祭りの開催は中止されちゃいましたネ。

大勢の方々が楽しみにしているでしょうから
2018年こそは開催されて欲しいですネ♪

<見ごろ・開花情報>
10月中旬~11月中旬

<営業時間>
3~11月 / 9:00~18:00
12~2月 / 9:30~17:00

<料金>
無料

<駐車場>
利用時間・8:30~21:30
利用料金:普通車/1000円 バイク/400円

<アクセス>
京浜急行 三崎口駅から徒歩約60分
狩場ICから車で約40分
京浜急行 三崎口駅⇒京急バス【ソレイユの丘行き】

終点下車 徒歩約15分

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
長井海の手公園 ソレイユの丘公式サイト

イシックス馬入のお花畑

平塚市を流れる相模川河川敷にある花畑。

粗大ごみが放置され荒れ放題だった河川敷を
国・県・市の3者が協力して現在の状態に整備。

いまではポピー・芝桜・ひまわりなどさまざまな花が咲く美しいフラワースポットに変貌を遂げました。

毎年秋になると、約30万本のコスモスがピンクやオレンジ色の可憐な花を魅せてくれます。

また、例年10月中旬になると、コスモスの摘み取りイベントも開催。

地元の方をはじめ、県内外から多くの観光客が訪れます。

<見ごろ・開花情報>
9月下旬から10月上旬頃

※開花情報はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
「イシックス馬入のお花畑情報」

<営業時間>
特になし

<料金>
無料

<駐車場>
専用駐車場なし

<アクセス>
路線バス
平塚駅北口⇒神奈中バス【茅ヶ崎駅行き】
「馬入橋」下車 徒歩約10分

※乗車時間:約10分

シャトルバス
平塚駅⇔ホテルサンライフガーデン
ホテルサンライフガーデンから徒歩約5分

シャトルバス詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
テルサンライフガーデン公式サイト

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
平塚市公式サイト

◆千葉◆

マザー牧場 

富津市の鹿野山にある国内有数の観光牧場。

例年10月になると、牧場内ほぼ中央にある1万㎡もある広大な「花の大斜面・西」では

約200万本ものコスモスが美しく可憐な花を咲かせます。

牧場内ではコスモスのほかにも紫陽花・水仙・ペチュニアなど四季折々の花々が楽しめ

また、旬の味覚狩りや動物と触れ合えるイベントもあり

幅広い年齢層が楽しめるスポットですヨ♪

<見ごろ・開花情報>
10月上旬~10月下旬

<営業時間>
2月~11月
平日:9:30~16:30
土日祝:9:00~17:00

12月~1月
平日:9:30~16:30
土日祝:10:00~16:00

<料金>
中学生以上:1500円
4歳~小学生:800円

<駐車場>
料金:普通車/900円 バイク/300円

<アクセス>
東京湾フェリー直行バス
ルート:金谷港⇔マザー牧場
所要時間:40分
料金:中学生以上/860円 小学生/430円

路線バス①
佐貫町駅前乗り場⇔マザー牧場まきばゲート前
所要時間:約25分
料金:中学生以上/480円 小学生/240円

路線バス②
君津駅南口⇔マザー牧場まきばゲート前
所要時間:約30~40分
料金:中学生以上/700円 小学生/350円

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
マザー牧場公式サイト

佐倉ふるさと広場

江戸時代佐倉藩の時代からオランダのゆかりの深い佐倉市。

オランダと言えば、チューリップのイメージが強いかもしれませんが

佐倉ふるさと広場では例年秋になると、園内にある50万本のコスモスが可憐な花を咲かせてくれます。

本格的なオランダ風車「リーフデ」をバックにしてコスモスが咲き誇る光景は絶好のシャッターチャンス!

『インスタ映え』する事間違いなし!! ですヨ

また例年コスモスの見頃に合わせてコスモスフェスタが開催され

期間中にはコスモスの掘り取り・切り取り販売や観光船の運行などが実施され多くの観光客で賑わいます。

<見ごろ・開花情報>
10月上旬~10月下旬

<営業時間>
特になし

<料金>
無料

<駐車場>
専用駐車場なし

<アクセス>
京成臼井駅から徒歩約30分
京成佐倉駅北口⇒佐倉市循環バス乗車
ふるさと広場」下車 徒歩スグ

バス運賃:100円

※最寄駅からは距離がある為、来園にはレンタサイクルが便利。

主なレンタル場所
・京成佐倉駅前観光案内所
・佐倉駅前観光情報センター
・佐倉ふるさと広場

レンタル時間
9:00~16:00

レンタル料金
500円/1日

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
佐倉市公式サイト 佐倉ふるさと広場

関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする