しもやけの治療法!湿布や針の効果に予防法も公開

レスポンシブ(文字広告)

冬になると、気温が低くなり、空気が乾燥してくる事で、夏とは違ったお肌のトラブルが発生します。

すぐに思いつくのは、なんと言っても乾燥肌や指先のひび割れ。

これらの悩みは冬場を代表するお肌のトラブルではないでしょうか?

しかし、これら以外でも冬場に多くの方が悩まされるのがお肌のトラブルがあります。

それは、しもやけ

そこで、今回はこの『しもやけ』の治療法などについて情報をまとめていきたいと思います。

題して
『しもやけの治療法!湿布や針の効果に予防法も公開』

スポンサーリンク

しもやけになる原因は?

しもやけは寒さなどによって、血の流れが悪くなる事で起こります。

専門用語では「凍瘡(とうそう)」と呼ばれ、皮膚が凍結する事で重症化する「凍傷」とは別物です。

しもやけは、冬から春先にかけて、特に、最低気温が約5℃で、1日の気温差が大きい事で起こりやすくなります。

世の中には、しもやけになりやすい人と全くならない人がいますが、それは、しもやけが、体質や遺伝と関連しているという見解もあるようです。

よって、両親などがよくしもやけになっている場合は、注意が必要でしょう。

また、糖尿病や喫煙などが原因で、血の流れが悪くなっているとしもやけになりやくなります。

さらに、体重が軽かったり、日頃の栄養が不足していたり栄養のバランスが悪い人も、しもやけになりやすいと言われています。

しもやけの症状

しもやけの主な症状は、寒さや冷えにより、お肌が赤く腫れた後、数時間後に、腫れた部分が痒くなってきます

幼稚園児や小学生など幼少期に多く見られ、男の子よりおは女の子の方が発症しやすい傾向にあるようです。

しかしながら、成人しても、しもやけになる人や水を使う職業についている人に見られる事もあります。

しもやけの治療法

万が一、しもやけになってしまった場合、どのような治療法があるのでしょうか?

いくつか治療法があるようですが、気になったのは湿布と針です。

湿布

『しもやけに湿布??』

そう思った方もいるのではないでしょうか?
かくいう私もそのうちの1人ですが・・・

調べてみると、湿布はしもやけに効果があるようです。
↓    ↓    ↓    ↓

これは湿布のCMでおなじみの久光製薬の『のびのびサロンシップ』の商品説明です。

ご覧の通り、【効能・効果】のところに、しっかりと「しもやけ」の文字が!

湿布には、炎症を抑える効果があると同時に、血の流れを良くする効果もあるようです。

しもやけは血流が悪くなる事によって起こるものですから、湿布を貼る事で、痒みや痛みを抑える効果が期待できそうです。

針(ハリ)の効果があるの?

これは昔からよく耳にするしもやけの治療法です。

私もおばあちゃんから聞いたことがあるようなないような・・・

しかし、はっきり言って、この治療法はNGです!

針を刺すことで、しもやけの痒みから一時的に逃れられるかもしれません。

しかし、それは気のせいに過ぎず、しもやけの症状が改善する訳ではありません。

また、針を刺す事で、体内に雑菌が入り込む事で、症状がさらに悪化し、感染症にかかる危険性もあります。

針をアルコールなどで消毒すれば良いのでは?と思うかもしれません。

しかし、そもそも医学的に根拠のある治療法ではありませんから、やらないほうが無難でしょう。

しもやけの予防法

しもやけは冬場になりやすいトラブルの1つ。

成人後も、水場で行動する方に多くみられる傾向にあります。

しかし、やはりならないに越したことはありませんよね?

では、しもやけにならない為の予防法にはどのようなものがあるのでしょうか?

①しっかりとした防寒対策

外出する際に、手袋やマスク、さらに、耳をしもやけから守るために、耳当てなどをしてから外出するように心がけてください。

ちょっとそこまで、という時でも油断が禁物です。

②水仕事の後はスキンケアで保湿

料理・洗濯など家事で水を使った後は、ハンドクリームなどで指先を保湿するようにしましょう。

この時の注意点は、十分に指先の水気を拭き取る事。

水気が指先に残ったままハンドクリームを塗っても効果のほどは期待できません。

③濡れた衣服を身につけない

汗をかいた服をそのまま身につけていると、体温が奪われ身体が冷え切ってしまいます。

また、手袋や・靴下が雨などで濡れてしまった場合は、帰宅後にすぐに手足から外しようにしましょう。

手足が濡れる事で末端が冷えて血の流れが悪くなり、しもやけにつながる事があります。

④ゆったり目の服や靴を身につけましょう

寒くなると、ついピッタリサイズの服を着たくなるものです。

しかし、きつめのサイズの服を着る事で、手足が締め付けられて、血流が悪くなります

その結果、しもやけを引き起こす原因になってしまうので、若干ゆったり目の靴や服を身につけるようにしましょう。

⑤食事改善

日頃食べている食事を見直す事でも、しもやけになりにくい体質に変える事ができます。

しもやけは血流が悪くなる事で起こるものですが、血流を良くする効果があるものとしてビタミンEが挙げられます。

ビタミンEが豊富な食材は以下の通り。

・ 豆類(大豆・アーモンド・ピーナッツなど)
・ 植物油(サラダ油・マヨネーズなど)
・ 魚の卵(イクラ、たらこなど)

しもやけの治療として、軟膏を塗ったり軽くマッサージするという手段があります。

しかし、これは皮膚の炎症を抑えたりするのに効果的かもしれませんが、しもやけを根本的に改善するものではありません。

やはり、日頃からの予防が大切ですね♪

まとめ

今回は『しもやけの治療法!湿布や針は効果があるの?』について書いてきました。

しもやけは痒みや腫れが主な症状ですが、水泡などができてしまった場合、それはかなり症状が悪化している可能性が高いです。

もし、そのような症状が見られる場合は、皮膚科に通院する事を強くオススメします。

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
日本newsch記事下

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る