登山リュックの大きさの目安は?詰め方のコツやおすすめブランドも紹介

レスポンシブ(文字広告)

山に必要なたくさんの荷物を入れて背負うリュックは、登山を楽しむためには妥協できないアイテムです。

太いウエストベルトにがっちりとした形と大きなサイズ

「本当にこんな専用のものが必要なの?」

と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

答えは「必要です」。

普通のリュックで登山をすると、肩が痛くなったり、腰を痛めたりする恐れがあり、専用のものを使っている人よりもうんと疲れやすくなります。

山ではそういった疲れやストレスが大きな事故に繋がります。

より快適な登山を楽しむために、登山専用のリュックを用意することをオススメします!

この記事では
『登山リュックの大きさの目安は?詰め方のコツやおすすめブランドも紹介』と題して

リュックを選ぶ際の大きさの目安、荷物の詰め方のコツ、疲れないリュックのおすすめブランドをご紹介していきます♪

スポンサーリンク

登山リュックの大きさの目安は?

リュックの大きさは『リットル(L)』で表され、10L前後の小型のものから、90L以上の巨大なものまで様々にあります。

リュックは荷物の量によって決まるので、自分の予定と照らし合わせてみてください。

登山をする季節、日程、どこの山に行くのか、など。

一般的に、日帰りの荷物の少ない登山、春・夏・秋の雪の降らない季節の登山なら20~35Lあれば良いです。

夏限定で、防寒着のいらない低山(1500mぐらいの高さ)までの場合も20L台あれば安心です。

山小屋で一泊予定の登山なら30~40L。

そして、マルチに対応できるのもこのサイズです。

30~35Lあれば、ダウンなどの防寒着やカメラなどの収納ができる大きさで、
春・秋の無積雪期の高山、山小屋を活用したお泊まり登山にも対応できます。

テント泊で考えているなら45L以上
縦走・冬期のテント泊なら65L以上は欲しいところです。

ちなみに、容量はリュックに数値で書かれています。

同じリュックでも、容量が数種類あることがあるので注意してくださいネ。

専門店やメーカーショップでは、『日帰り用ハイキング』や『一泊二日縦走向け』など表記している所もあります。

それを参考にしながら、ある程度自分の使うスタイルを決め
その容量の、ちょっと大きめの容量にしておくのが無難です。

登山リュックへの詰め方

登山リュックに荷物を詰めることを『パッキング』といいます。

パッキングは登山をするにあたってとても重要です。

うまく荷物を詰めることができると、肩や腰への負担が減り、疲労感を軽減することができます。

パッキングの基本は4つあります。

①あまり使わないものは下部に入れる
一番下に入れるものは使用頻度の低いものにしましょう。
シュラフ、シュラフカバー、着替えなど。

②重いものは背中側に入れる
そうすることで重心の移動が安定し、歩行時にふらつくことがなく、また余計な体力を使わないので、疲れにくくなります。

食料、クッカー、ガス類、水など。

③軽いものは背中から離れた所に入れる
外側には軽いものを入れると良いです。
テント(ポールを除く)、マット、予備の衣類、トイレットペーパーなど。

④よく使うものは上部に入れる
登山中、頻繁に休憩し行動食を食べるので、その日の行動食を入れておいたり、

想定外に遅くなり暗くなってしまった時、すぐヘッドランプを出せるようにしたり、

転んでケガをした時すぐ救急用品を出せるなど、緊急時や頻繁に使うものを入れておきます。

行動食、ヘッドランプ、救急用品、手袋、カメラなど。

これらを参考にして、左右の重さが均等になるように気を付けましょう。

また、防水対策は必須です。

密閉袋やスタッフバックなどを活用して、雨水の浸入を防ぎましょう。

スポンサーリンク



疲れない登山リュック、おすすめブランドは?

バックパック専門メーカーからアウトドアブランドまで、確かな品質を送り出しているブランドを7つ紹介します。

カリマー
キャリーモア=もっと運べるを追求し、クライマーのサポートをしてきたカリマー。
国内のモデルは日本人の体形に合わせ設計されています。

オスプレー
小型から大型まで幅広く、用途に合わせた高性能登山リュックを製造しています。

グレゴリー
バックパック専門メーカーであるグレゴリー。
人間工学に基づいたデザインと、最高品質へのこだわりを持ちリュックを製造しています。

ミレー
1930年代からリュック作りをしている歴史あるブランド。
フランス初のヒマラヤ登山隊に装備を提供したことにより、ミレーの登山リュックがフランスのブランドとして認知されました。

ドイター
ドイツを代表するリュックブランド。
1930年代に汗濡れを軽減するために背面が密着しない構造のリュックを世界で初めて発売しましたこと

ノースフェイス
キッズ用から本格的な大型リュックまで豊富なラインナップ。
使い勝手の良い機能性と耐久性に優れた素材を採用し、バランスの取れた作りになっています。

モンベル
日本の総合アウトドアメーカー。10Lサイズの小型リュックから100L超える大型リュックまで豊富なラインナップで用途に合わせたリュック選びができます。

まとめ

今回は『登山リュックの大きさの目安は?詰め方のコツやおすすめブランドも紹介』について書いてきました。

登山リュックのイメージはつきましたか?

登山リュックは自分の体格にフィットしたもの、用途に合わせた容量を選びましょう。

そのためには必ず試着をしてください。

自分に合ったリュックで、安全な登山を楽しんじゃってくださいネ♪

スポンサーリンク



関連コンテンツ広告コード
SNS上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする