小池百合子が排除宣言を反省!?細野豪志も知らなかった公表の舞台裏

先日、希望の党代表である小池百合子氏による「排除」発言が波紋を呼びましたね。

その影響か、衆議院総選挙では惨敗となってしまいました。

注目を浴びていた希望の党ですが
党結成には何やら小池氏の思惑があったらしいのです。

いったいどういうことなのでしょうか?まとめてみました。

題して
『小池百合子が排除宣言を反省!?細野豪志も知らなかった公表の舞台裏』

スポンサーリンク

小池百合子が排除宣言を反省!?

9月29日の都知事会見にて
小池氏は民進党の離党者を全員希望の党に受け入れるわけではなく
一部を「排除する」と宣言しました。

その影響もあって
期待されていた希望の党は衆議院総選挙にて惨敗するという結果になってしまいました。

「排除する」と宣言した理由は?

民進党が希望の党へ合流することが決まった翌日の会見で、事件は起こりました。

民進党の前原誠司代表が
「(民進党から希望の党に)公認申請すれば、排除されない」と発言したことに関し

小池氏は
「安全保障、憲法改正で一致した人のみ公認する」と明言していたのですが

この件について記者に問われた小池氏は
「(すべての民進党議員を受け入れるわけではなく)排除する。」と返したのです。

その後すぐに
「絞らせていただく」という言い方をしていましたが、これは明らかに失言だったと思います。

排除発言を反省?小池百合子氏のその後

この強い言い方については、同じく希望の党であり小池氏の側近と言われる若狭勝氏も、「強すぎた」と言っていました。

そして、発言者である小池氏も、テレビ番組の中で
「きつい言葉だったと思う」と述べています。

本人としては、同じ志をもった人たちとやっていきたいという気持ちだったとのことですが、「排除する」という言葉はあまりいい響きではありませんよね。

考えの合わない人を政党に入れないという方針は間違っていないと思いますが
「排除」宣言にメディアは食いつき、見事にイメージダウンとなってしまいました。

選挙で希望の党が惨敗した後には、小池氏は「おごりがあった」と言っており
この言葉についてかどうかは不明ですが、自分の言動について反省しているようです。

「小池劇場」が日本を滅ぼす [ 有本香 ]

細野豪志も知らなかった公表の舞台裏

希望の党は小池氏が自ら新党を立ち上げ、代表になると宣言してできた党です。

しかし、この発表はとても急なもので、発表する前は、若狭勝氏と細野豪志氏が新党の設立を進めていました

当初はその新党に共同代表というかたちで小池氏が関わる予定でしたが
急に党代表になると宣言したため、周囲の人にとってはまさに「寝耳に水」

小池氏はなぜこのような方針転換をしたのでしょうか?

迷走していた候補者集め

理由の一つとして挙げられているのが、新党への候補者集めが混乱状態になっていたというものです。

なんでも、若狭氏と細野氏の主導権争いにより
とにかく候補者を集めよう!と躍起になっていたようなのです。

そのため、希望の党の候補者は
都議選の候補になれなかった人たちや民進党を除名された議員
さらには議員が2人しかいない政党「日本のこころ」の議員だったりと
政治的スタンスもバラバラな選挙に弱い人たちばかりとなってしまいました。

小池氏による水面下の動き

そもそも、小池氏は若狭氏をあまりあてにしていなかったとの声があります。
そのため、若狭氏や細野氏とは別に水面下で動いていたと言うのです。

その態勢が整ったため、党立ちあげの発表を行ったようです。
そしてその水面下の動きというのが、民進党との連携ということです。
勢力拡大のため、全国に組織がある民進党を選んだようです。

もともと民進党の前原代表と小池氏は日本新党以来の付き合いがあったので
話を進めやすかったのかもしれません。
異端のススメ [ 林修(予備校講師) ]

まとめ

今回は『小池百合子が排除宣言を反省!?細野豪志も知らなかった公表の舞台裏』
について書いてきました。

衆院選で残念な結果となってしまった希望の党ですが
もともと候補者の「寄せ集め感」がいなめなかったり、小池氏の排除宣言があったりして、あまり良いイメージはなかったみたいですね。

調べてみて、正直私自身もあまり希望の党へ期待はできないなぁ・・・
と感じてしまいました。

「希望の党」ではなく「絶望の党」という声もちらほら聞きますが
今後きちんと政党として機能するのでしょうか?

動向を見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る